シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

60代の後悔
60歳以上の男性に「後悔」について聞いています。
終活をする上で、財産やモノをどうするかは重要ですね。
そしてなにより、円滑な引渡しが出来るようにしておかなければなりません。
これからはマイナンバー登録が徹底してくるので、
生前から準備をしておかないと、とんでもないことになりそうです。
預金者死亡による口座凍結は、手間と時間が掛かります。
終活は40代から、親と自分の分を行う必要がありそうですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

若い頃に戻ってやり直したい……。そんな後悔をしないために、どんな準備が必要か。「プレジデント」(2018年1月1日号)では、60歳以上の男性120人に、健康や家計など6つのジャンルの「後悔」についてアンケート調査。その結果を識者に考察してもらった。第6回は「終活」について――。 不要品・・・60代の後悔 の続きを読む >>

壮絶なミニチュア
先日、東京で開催されたエンディング産業展で、
ごみ屋敷や孤独死の現場のミニチュアが展示され大反響でした。
若者の孤独死が増えていて、そのなかでも餓死が増えているようですね。
女性のゴミ屋敷も多くて、腐敗臭が発生するまでのスピードも上がってるとか。
年齢に関係なく、孤独死やゴミ屋敷は身近な問題となってきており、
すぐ隣まで・・・迫ってきています。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

8月22~24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で葬儀や終活などの展示会「エンディング産業展」が開催中です。その中の一角、遺品清掃・特殊清掃を手掛ける「ToDo-Company」のブースで、「孤独死」「ごみ屋敷」の現場を再現したミニチュア模型が展示されていました。 ゴミ屋敷 室内・・・壮絶なミニチュア の続きを読む >>

4畳半の部屋
テレビも冷蔵庫もない4畳半の部屋に住み、
生活費は月7万円というミニマリストに話を聞いています。
読書や銭湯でお湯につかることなどが、自分にとっての幸せなんだとか。
なにかしらのシッカリとした幸せの基準があれば、
ここまで徹底したミニマムライフも可能なんですね・・・凄いです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

◆月7万円で暮らすミニマリストの“幸せの基準”

 4畳半の部屋には、テレビも冷蔵庫も何もない。必要最小限のモノだけで暮らすミニマリストしぶ氏。その徹底ぶりは各所で話題だ。 月7万円・・・ミニマリストの暮らし の続きを読む >>

トイレ
不動産執行の現場では想像していないことが起きているようですね。
賃貸マンションのオーナーが金銭を焦げつかせると、
所有物件が競売にかけられることになります。
第三者が住んでいても債権者は容赦しません。
今回の場合は、ゴミ部屋に住んでいた美女だったのですが、
そこには、あとの処理に困りそうな・・・汚トイレまでありました。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

不動産執行の現場では債務者が郵送での書面や、電話連絡、直接訪問の呼びかけにも全く応答しないため、強制的に「解錠」「鍵開け」のうえ内部に踏み入ることがある。 ゴミ屋敷の美女・・・便器には の続きを読む >>

狭い
家計が苦しいと、手に入れたものを捨てることに躊躇します。
高価なものでも安価なものでも、お金は一度しか出したくない。
買い物をする、何かを保有する、これらで安心感や満足感を満たされますね。
ただこれが、部屋の中に溢れかえるほどのモノに占有されていたら・・・
家計が苦しいと悪循環に陥りやすいのはたしかです。
貧乏人ほど小さい家に住んでいて、ただでさえ部屋が狭いのにモノが一杯。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

◆家計が苦しい人のリビングに溢れる物とは
物が多い人は、「買って手に入れる事」や「保有する事」で安心や満足を得る傾向があります。常に何かを買って手に入れていれば、お金は当然減り、家の中は物に溢れてしまいます。 家計が苦しいと・・・モノを捨てない の続きを読む >>

 

 

↑このページのトップヘ