シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

結婚写真・・・捨てた
何かと理由をつけてはモノを捨てられませんが、
片づけのプロは、不要と判断したら即捨てるようですね。
夫婦ともに写真うつりがよくないとの理由で、結婚記念写真を破棄・・・
1回履いただけの靴も合わないからと、すぐに手放したそうです。
断捨離は思い切りかなあ。難しいけど。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

捨てるに捨てられず、取ってあるものってありますよね。「もしかしたら、いつか使うかも」とか「これは記念だから」とか、理由はさまざま。
でもそうこうしていたら、ものが増えてしまう…なんて事態に。 結婚写真は・・・捨てた の続きを読む >>

片付けは・・・習い事
「片付け」を“習い事”として子に学ばせる親が増えているようです。
本来「しつけ」なのではという声もありますが、
幼いころから「片付け」を学べば、
日常的な無駄を省くことが出来るかもしれませんね。
私は良いことだと思います。大人でも習ってみたい・・・


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

 最近、子どもに「片付け」を教える習い事が増えています。夏休みのこの時期も、親子で片付けを習うイベントやセミナーがあちこちで開かれています。しかし、そもそも片付けは、親が子どもへのしつけの一環として家庭で教えるもの。なぜ、お金を支払う習い事として子どもに片付けを学ばせるのでしょうか。その背景を子育て心理アドバイザーの雨宮奈月さんに聞きました。 片付けは・・・習い事 の続きを読む >>

ゴミ捨て場を・・・漁る父
まさか、実家がゴミ屋敷ではないですよね?
実家の悩みを抱えている女性の相談です。
離婚して一人暮らしになった父親がゴミ捨て場を漁って、
使えそうなものをネットオークションで売っているようです。
小遣い稼ぎになるそうなのですが、
部屋の衛生環境が劣悪なものになってしまいました。
最後は誰が片付けるんでしょうね。そこまで考えてほしいな。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

 お盆や正月に帰省する人も多いですが、久々の里帰りに逆に疲れてしまったという話もよく聞きます。今回話を聞いた吉川由美子さん(仮名・34歳・派遣社員)もその一人。ひとり暮らしの父の身を心配し、少し早めの帰省を決めたと言います。しかし、1年ぶりの実家にはある異変が起きていました……。 ゴミ捨て場を・・・漁る父 の続きを読む >>

 

 

↑このページのトップヘ