たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

ゴミ部屋
孤独死もゴミ屋敷も社会問題になっていますね。
実はこの二つは別々のものではないようです。
部屋の主が息絶えた部屋はゴミだらけだった・・・シンプルに生きましょう。

 20代電通社員の過労自殺が大きく報じられたが、実際には過労死が最も多いのは40~50代だ。そして、働きづめだった男たちを取り巻くもうひとつの“結末”として「孤独死」が挙げられる。急増する中年男性の孤独死ケースには、いくつかの特徴がある。離婚や離職で“孤立無援”になった末に、悲しい最期を迎える男たちの真の姿とは……。 孤独死の前兆・・・ゴミ屋敷 の続きを読む >>

シンプルライフ
もっとシンプルに・・・もっともっとシンプルに。
日々の暮らしは出来るだけ簡素にストレスフリーに過ごしたいですね。
時には「食べる、働く、寝る」に徹する生き方が必要なのかもしれません。


ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通する起業家Marcel Schwantesさん曰く、ミニマリズムとは、ただただ物を捨ててしまえばいいということではなく、自分をハッピーにしてくれるものをとことん深掘りすることから始まるのだそう。

今あるものに、より感謝を込められるシンプルライフの15の要素を「Inc.」の記事から紹介したいと思います。 シンプルに・・・生きる の続きを読む >>

小銭
誰にでも金欠の時があります。
そういうときは「三ない」に徹しましょう。
食べない・寄らない・家から出ない。給料日まで我慢の子です。

毎月のように金欠に関わる記事を書いていますが、まじでお金がありません。

冗談でしょう!? という貧乏さを毎月のように更新していますが、過去最大困ったのはクレジットカードの引き落とし日を忘れていて、給料日まで10日も残っている状況で残高394円になったこと。

札が無い。つまりATMでおろせない。銀行の窓口ではおろせますが、恥ずかしいったらありゃしませんね。

そんな残高3桁、ATMにおろしに行ったくらいなので、財布には千円もない。もうどうやって生き残ったか覚えていませんが、それ以来、カードの引き落とし日だけは忘れないようにしています。

お金,ない,どうする

さて、では世の皆さんはそんな時どうしているのか。20代~40代の女子に「残高千円以下で10日生き抜く方法」を聞いてみました。

アラサーなのにお金なくて恥ずかしいと思っていましたが、聞いてみると意外と皆さん修羅場をくぐり抜けているみたいです! お金が無い・・・残高1000円以下 【10日間生き抜く方法】 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ