たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

汚部屋、捨てない快感
「ごみ屋敷になった実家を片づけてほしい」と、
清掃会社への依頼が増えていようですね。
ひょっとすると片づけられないのは、
脳の情報伝達機能の低下から起こる「ためこみ症」かもしれません。
ためこみ症の人にとっては、捨てないことが快感で、
ためこむことに快楽を感じるようです。
酷い場合だと、捨てる・片づけるは死を意味するとか。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

ためこみ症は、「処分」が苦手
 恋人との初デートなど思い出がない限り、映画や美術館の半券など、たいていは捨てるだろう。

 だが、「何を見たのか思い出せないから、絶対に捨ててはいけない」と自宅に持ち帰り、机の上に山積みになってゆく。

「絶対」「いつも」など考え方が固定化していたり、極端な面もある。不安を解消しようと、ためこみに拍車がかかるのだ。 汚部屋、捨てない快感 の続きを読む >>

「捨てる」とラクになる
著名なミニマリストが上手にモノを減らすコツを教えてくれています。
「捨てる」と暮らしがラクになるそうですよ。
モノを使い切ることに主眼を置き、
捨てるかどうか迷ったら飾ってみる…
これは良い方法かもしれませんね。
私なんかは迷ってばかりで捨てられない子ですから。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

ミニマリストのメリット・断捨離のコツとは
家の中にモノが多すぎる、きっと捨てたほうがよい。それはわかっているけれど、捨てる勇気は出ない。そんなふうに「捨てる」「捨てない」を迷ったとき、いったいどうすればよいのでしょうか? 「捨てる」とラクになる の続きを読む >>

汚部屋認定基準
男性目線での「汚部屋」の認定基準があるとか。
部屋に散乱する飲みかけペットボトルや、
ベッドまわりのコンビニ弁当の空き容器…
どれも臭そうで痒そうなのばかりです。
まあまあの重症かな。
女性から見ても汚部屋だと思いますよね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

「汚部屋」なんていわれても、どうせみんな汚いもんでしょ?なんてたかをくくっちゃいけません。

男子の視線をあなどるなかれ。生理的にムリ、なんて思われたくないならば、当てはまらないことを祈りつつ「汚部屋認定基準」を読み進めてみてください。 汚部屋認定基準 の続きを読む >>

↑このページのトップヘ