シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

45歳
誰にでも老後は訪れます。
悲惨な老後を避けるには、45歳がラストチャンスかもしれません。
心して、お読みください。

マンガでわかる!結果を出す断捨離 [ ナツモリアイコ ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。

 第一の心得は、月並みだが、「自分の場合の」老後のために必要な貯蓄額を計算してみることだ。 老後貧乏・・・45歳からの対策 の続きを読む >>

干物女
衝撃の調査結果が出ています。
女子大生の半数以上が汚部屋に暮らしているとか・・・
部屋の様子は現在だけでなく、未来をも暗示しています。
自分が汚部屋だという認識があるうちは大丈夫なんでしょうが・・・


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

男性なら誰もが女子の部屋に興味があるのではないでしょうか。その神聖な女子の部屋が、実は汚部屋だったら……? 部屋はその人の私生活が見えて、そこから将来も想像できてしまう重要な場所。女子の部屋が汚いと、男性は予想以上にドン引きしてしまうかもしれません。今回は、人が来るときではなく、普段の女子の部屋の実態を探ってみました。 実は汚部屋が5割以上・・・干物女 の続きを読む >>

本物の北欧スタイル
北欧スタイルで思い浮かぶのは・・・白と黒、木や自然と取り入れた生活。
そういうところではないでしょうか。
でも、最近の北欧の人たちはヴィヴィッドな色使いを好むようです。
ライフスタイルも「ほっこりとしたくつろぎ」を意味するデンマーク語の言葉「ヒュッゲ」
このヒュッゲが好まれているようですね。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズのスウェーデン&デンマーク編集部が、本当の「北欧スタイル」を教えよう。 本物の北欧スタイル・・・喜び発見! の続きを読む >>

断捨離
断捨離が流行る理由・・・現代人は疲れているのかもしれませんね。
モノや人や情報が複雑に、しかも乱雑に交錯している日常。
見直して僅かでも捨てることができれば・・・
身も心も軽くなります。だから断捨離は受け入れられたと思っています。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

◆断捨離が流行るワケ

 数年前から流行している断捨離。部屋の片づけや人間関係の整理など生活全般について、「断つ」「捨てる」「離れる」の3つで調和を目指すライフスタイルです。

 資本主義にどっぷり浸かって生活していると、「たくさんお金を稼いで、なんでも買える人生が幸せだ」と思い込みがちです。テレビでセレブの生活が紹介されていて、「いいなぁ」と羨ましくなった経験は誰にでもあると思います。しかしふと我に返り、「本当にそれで幸せになれるのか?」と疑問が浮かぶことも珍しくありません。 断捨離が・・・流行る理由 の続きを読む >>

家族で断捨離
ミニマシストや断捨離に触発されたパート主婦のUさん(38)
家族と価値観を共有して家計を見直した結果、月に14万円もの黒字に・・・
余分なものを見直して削ぎ落としていくと、思いもかけない結果が生まれます。
金銭的なものもそうですが、精神的にも豊かになれますね。
なにより家族の絆が深まるようです。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 極力モノを持たずに生活する「ミニマリスト」と呼ばれる人や、「断捨離」の考え方に触発されたパート主婦のUさん(38)が相談に来ました。会社員の夫(36)と小学5年生の息子(11)との3人暮らし。世帯の手取り月収は37万円ほどありますが、毎月、使い切ってしまいます。年間の収支は黒字とはいえ、ボーナスが余った分のみという状況です。 月に14万円超の黒字・・・家族で断捨離 の続きを読む >>

 

 

↑このページのトップヘ