シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

パンパンになってるクローゼット
気持ちは人一倍あっても実行できないことがありますね。
部屋の中は何となく整理できていても、クローゼットの中がパンパンとか・・・
心理面から考え直す必要があるようです。上手に断捨離しましょう。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

物を手離せない人の心理
一番多い心理として「もったいない」「いつか使うかも」」があげられます。

また、「これを捨てたらいつか後悔しないだろうか」と自信がなくなってしまうこともありますね。

そこで捨てられる派の人は言うのです。

「一年使わなかったものはこの先も使わない」

実際に言われたことがあるという人が多いかもしれませんね。

でも、そんな簡単に言われても…、それで思いきて捨てられたら苦労しません。

捨てるなんて、私が買ってしまったばっかりに…ごめんなさい…

みたいな気持ちになったりしませんか?

他人にどうこう言われたからと言って、そう簡単に「捨てられない性格」は変わったりしません。

自分が心から断捨離したいと思わないと、結局のところはできないのです。 断捨離のコツ・・・クローゼット の続きを読む >>

親の家を片づける
本格的な高齢化社会の到来とともに、
親の家を片づける人が増えています。これが大変・・・
自分の家でも大変なのに、親とはいえ別の人格者の持ち物を選別しなければなりません。
かなりの配慮が必要ですが、一緒に片づけることが大切なようです。

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 高齢化が進む日本社会。意外と大きな問題となるのが高齢となった親の家の片付けだ。子供としてはよかれと思って片付けようとしても、色々捨てられてしまうと思った親が抵抗することもあるという。そこで、親の家を片付ける際に気をつけなくてはいけない「3大NGワード」を、片づけヘルパーの永井美穂さんに教えてもらった。 NGワード・・・親の家を片づけ の続きを読む >>

人間関係リセット症候群
春から、人間関係の断捨離(人間関係リセット症候群)をする人がいます。
学校や職場、生活環境の変化に伴いそれまでの人間関係をリフレッシュする・・・
言葉では簡単ですが、いざ実行してみると難しいかもしれませんね。
ただ、人間関係を見直すことで大なり小なり「気づき」はあるようです。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

進学や就職で新しい環境に飛び込んだ人で、これまでの人間関係を一新してしまったという人はいないだろうか。4月某日、2ちゃんねるに「人間関係リセット症候群のやつw」というスレッドが立った。

社会人になるタイミングでリセット?「友達なんて面倒なだけ」

自分も「リセット症候群」かもしれないという人たちは、

「スマホ買い換える度にラインも新しくしてる」
「ケータイ番号変えたけどかなりスッキリした」

とその「症状」を告白する。 定期的に断捨離・・・人間関係 の続きを読む >>

初対面の女性
初対面で「不潔」だと思わせる人がいますね。これは男女共です。
女性の場合だと特に目につくかもしれません。
いつも誰かに見られています。細かなことで損をしないように注意しましょう。

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

【1】合コンなのに、すっぴんボサボサ姿で登場する

「時間にルーズなのか美意識が低いのか。とにかく几帳面な印象は皆無だった(笑)」(20代男性)というように、だらしない格好で現れて、白い目で見られてしまうケースです。伊達メガネで素顔をカモフラージュするなど、時間がなくても工夫したいところです。

【2】やたらと手荷物が多く、しかも鞄から何かがはみ出している

「バッグがああなら、部屋は何倍もひどいのでは…とゾッとした」(20代男性)というように、雑多な大荷物は、「物であふれ返った部屋」を想像させてしまうようです。合コン当日は、部屋はともかく持ち物だけでも整理して、身軽に出掛けましょう。 部屋が汚そう・・・初対面の女性 の続きを読む >>

超ミニマリスト
江戸時代の人々はモノを大切にしシンプルに暮らしていました。
江戸の庶民は、大半が狭い借家で暮らしていたので余計なものは持っていませんでした。
超ミニマリストで生活しなければならなかった原因とは・・・


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

物が増えると片付けるのも億劫になり、「アレが見つからないんだけど!」ということもしばしば。出かける直前に、この事態になったらストレスも溜まる一方ですよね。これを解決するのは、物を減らすか、片付け上手になるかの2択です、きっと。そうはいっても、愛着のあるものを簡単に捨てられないし、まだ使えるんじゃないかと思ってしまうもの。片付けだって、この歳になって急に上達するんだったら苦労しないわという声もちらほら聞こえてきそうです。 超ミニマリスト・・・時代の人々 の続きを読む >>

 

 

↑このページのトップヘ