ミニマリスト生活
すっかり言葉として定着した「ミニマリスト」
どんなことでもそうですが、いい事ばかりではありません。
今日はミニマリスト生活のメリットとデメリットです。


最近、断捨離とともによく聞く言葉のひとつに「ミニマリズム」や「ミニマリスト」という言葉があります。「ミニマリズム」は最小主義、「ミニマリスト」は最小限主義者という意味。モノを最小限に減らし、自分が楽しめる時間や空間、そして心の余裕を生み出すことを大事にする人たちのことを指します。今回はそんな、ミニマリストのシンプルな生活から生み出される「本当に大切なモノ」とは一体なんなのか、また、そのメリットやデメリットについてもご紹介したいと思います。


■「モノを捨てる」と大切なことが見えてくる
ミニマリストと聞くと「モノを捨てる」イメージが強いですが、実は「モノを捨てる」という行動は、自分にとって大切なものは何かを見つけるきっかけなのです。本当に必要なモノだけを持つために、いらないモノは持たず、いらないモノが入ってくることを止めることによって、しだいにモノへの執着が減り、本当に大切にしたいものがどんどん見えてきます。すると、どんな生き方をしたいかという道しるべが生まれ、やがて、自分にとって幸せな生き方はこれだ!という答えが見えてくるのです。

■持たない「贅沢」を味わう

▶買っても意外と使わない? 一人暮らし大学生が持て余している家電5選

一昔前は、「モノをたくさん持っている」=「幸せ」でした。でも、モノがあふれている今、逆に「持たない」ことが心の贅沢につながると感じる人が増えています。「物欲」から距離を置くことで、「引き算の美」や「空白の気持ちよさ」、「心の中で感じる幸せ」が見えてくる、というわけです。このように「ミニマリズム」とは、幸せに生きていくための術であるともいえます。

■ミニマリスト生活のメリット


そんなミニマリスト生活には一体どんなメリットがあるのでしょうか。具体的にいくつかご紹介します。

1.部屋がすっきりキレイに片付く

当たり前のことですが、部屋からモノが減るので片付けもラクになります。収納もしやすく、なにがどこにあるのかも一目瞭然。何かを買ったとき、しまう場所に困ることもありません。

2.時間を有意義に使える

ミニマリストの人たちが管理するのは、なにも自分のモノだけではありません。人間関係もすっきり整理してしまいます。自分にとって大切な人、必要な人だと思わなければ関係を絶ってしまうのです。このことにより、余計な人間関係に煩わされることもなくなります。モノや人間関係を管理する時間が減るため、時間に余裕ができ、有意義な時間をすごせるのです。

3.モノに悩まされない

洋服も必要最低限しかないので、コーデを考えたり、コーデに時間をとられたりしなくてすみますし、家にいるあいだ、無駄なモノが視界に入らないので、余計なことを考えることもありません。

4.前向きな気持ちになれる

「モノを捨てる」ことにより、「好き」「嫌い」がはっきりしてきて、自分が本当に好きなものや大切にしたいものが見えてきます。自分にとって「嫌い」なものはサクっと絶つことで、しだいに自分の好きなモノや好きなことが周りに増えていくので、前向きな気持ちになれ、幸福感を感じられるのです。

■ミニマリスト生活のデメリット


一見いいことづくめに思われる「ミニマリスト生活」ですが、いくつかデメリットもあるよう。たとえば、あまりにモノがなさすぎて、病気や災害時などの不測の事態の際、備えがなくて困ったり、「モノを捨てる」という思想にとらわれるあまり、大事なものまで捨ててしまって後悔したり、モノがなさすぎて友人を自宅に招いても楽しんでもらえなかったり、神経質になったり……などなど。「モノを捨てる」ことって、捨て始めるとついエスカレートしがちなので、のめり込みやすい性格の人は特に気をつけた方がいいようです。

いかがでしたか? 確かに、モノを減らして心もスッキリ、大切なことが見えてきて日々の暮らしに小さな幸せを感じる、そんなミニマリストのシンプルライフって最高!と思う人もいるでしょう。でも多くの人にとっては、憧れる気持ちは多少あっても、いろんな意味で「そこまで極められない」という人がほとんどだと思います。ですから、現状に不満を感じていたり、利便性を重視したいと思う人は、ミニマリストの精神を今の生活に少し取り入れる程度にとどめて、あまり極端なことまではしない方がいいのかもしれませんね。
http://news.livedoor.com/article/detail/12252776/