シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

2017年08月

金運が上がらない
モノを捨てられない人は、自ら金運を下げている。
誰もが、このように実感しているのではないでしょうか。
「買ってから捨てる」ではなく、
「捨ててから買う」が金運を上げるコツのようです。
潜在意識の貧乏を消し去りましょう。


ミニマリストの持ちもの帖 家族5人これだけで暮らしています (NHK出版なるほど!の本) [ 尾崎友吏子 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

「いつか使うかも」と捨てられない人は、自ら金運を下げている!

金運サゲ癖

さて、本日は意外な金運サゲ行動のお話。

片付けセミナーをやっていると、「そのうちなにか使うかもと思って捨てられない」という人がとっても多いんです。

解るんですよねえ、その気持ち。私も服を処分できなかったですから。稀少サイズなので、これを処分したら次の服が買えるかどうか解らないですから。もう手に入らないかもしれないと思うと、捨てられないもんですよね。続きを読む

自分の好き
自分にも出来る断捨離のヒントが欲しいですね。
まずはイメージだけでも断捨離をしたいのですが、
なかなか思うようにはいかないものです。
そんな時、お役に立つ10のヒントがあります。


ミニマリストの持ちもの帖 家族5人これだけで暮らしています (NHK出版なるほど!の本) [ 尾崎友吏子 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

簡単なようで難しい「断捨離」。一度はしてみたものの、やはりリバウンドをしてしまった、という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、断捨離を成功させるコツをご紹介。キーワードとなるのは、「好き」という感覚。自分や家族の「好み」をしっかりと把握すれば、断捨離が成功すること間違いなしです!続きを読む

使い捨てない
暮らしの中で、お気に入りが誰にでもあると思います。
壊れた時など「捨てようかな?」と思う前に、
「修理できないかな?」や「リメイク出来ないかな?」の工夫があれば、
生活全体が豊かになるかもしれませんね。


ミニマリストの持ちもの帖 家族5人これだけで暮らしています (NHK出版なるほど!の本) [ 尾崎友吏子 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

本当に気に入ったもの、お気に入りだけを手元に置き、大切に使い続けている方を見ると、心豊かな暮らしがうかがえます。断捨離で余分なものを捨てた後は、もう使い捨てをやめたいと思っている方も多いのではないでしょうか。ユーザーさんの例をヒントに、捨てない豊かな暮らしについて考えてみました。続きを読む

節約と倹約
節約と倹約は何が違うのでしょう?
節約と倹約の意味に大きな違いはないようですが、
節約はお金以外にも使う、倹約はお金にしか使わない。
この違いはあるようですね。


ミニマリストの持ちもの帖 家族5人これだけで暮らしています (NHK出版なるほど!の本) [ 尾崎友吏子 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

不況が続く中、なんとか家計のやりくりをするために節約の意識が高まっています。けれども「節約を続けていると貧乏になる!」なんてこともあるのです。節約貧乏と賢約リッチの違いとは?

節約と倹約と賢約の違い続きを読む

ミニマリストの家計
モノと家計の関係は気になりますね。
ミニマリストになれば家計は楽になるのか?
生涯のマネープランとして考えてみると・・・
ムダを削る生活が家計を楽にするとは言い切れないようです。


ミニマリストの持ちもの帖 家族5人これだけで暮らしています (NHK出版なるほど!の本) [ 尾崎友吏子 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

■断捨離の先はミニマリスト?
ミニマリスト、という言葉が最近目につくようになりました。最小限主義者と日本語がつくこともあるように、できるだけモノを持たない生活を送ろうというのがミニマリストです。

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。~断捨離からミニマリストへ」という本が売れていることもあり、ちょっと気になっている人も多いと思います。

ミニマリストを実践している人の部屋をみると、ほとんどモノがない部屋に最小限度のアイテムだけがある生活をしています。今すぐリュックひとつ抱えて海外旅行に出かけられるほどシンプルな生活で、単なる断捨離を超えて「必要なものしか持たない」という生活スタイルになっています。

ところで、ここまでモノを持たないと、マネープラン的にもメリットがあるように思います。一方で注意点もありそうです。

今回は、ミニマリストをヒントに、あなたの家計の見直しのヒントを探ってみましょう。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ