たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

2017年10月

スティーブ・ジョブズ
何を着ていくか迷う・・・
これも女性の楽しみではありますが、毎日だと憂鬱になります。
なにより時間がもったいない!
ミニマリスト的な考えでいくと、私服の制服化に辿り着きます。
着まわし術にもなりますので、試してみたいものですね。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

毎日、毎日、仕事に着ていく服って悩んでしまいますよね。朝の時間は貴重だけど、なにを着ていくか悩んでしまう毎日……。その時間を短縮するよい方法をミニマリストから学んでみませんか? わずらわしいことから一歩抜け出して、本当に大切なことはなんなのか、自分に問う時間ができるかもしれません。続きを読む

高齢者のゴミ屋敷
親世代が高齢者になって、子が知らないうちにゴミ屋敷に・・・
「いつか使える、まだ使える」が積み重なって、
また、ゴミの出し方が煩雑で次第に億劫になって・・・
手遅れになる前に、早めに対処する必要がありそうですね。
親を叱る前に、子としてやれることを考えましょう。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

老け込んだ親の姿にハッとしたことはありませんか? そんな親のきもちや行動を、もしかしたら私たちは誤解しているかもしれません。大阪大学大学院教授で、老年行動学を専門とする佐藤眞一先生のやさしい文章と、まんが家・北川なつさんのマンガで、老いた親のきもちをわかりやすく解説した『マンガで笑ってほっこり 老いた親のきもちがわかる本』(朝日新聞出版)から、いくつかのアドバイスを紹介します。第3回は「どうして家じゅうに物を溜め込むの?」です。続きを読む

老後の前
老いは容赦なくやって来ます。
片付けたい・断捨離したいと思いながら、やがて老後へ・・・
70歳になると体力的にも、さすがに片付けが大変です。
60歳がラストチャンス!


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

地元の自治体が主催する「敬老の集い」の案内状が届いた。確かに年齢的には高齢者の仲間入りをしたが、自分が「お年寄り」とはついぞ考えなかった。

 「集い」に出席するかはさておき、そろそろ高齢者の自覚が必要だろうとは思った。

 このところ政府は「人生100年時代」を盛んにPRしているが、100歳はさすがに遠い。が、日本人の男性の平均寿命は約81歳だから、これならあと15年ほどで、現実的である。

 さあ、これからの15年をどう生きようか。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ