シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

2017年11月

断捨離のチャンス
簡単に今すぐ断捨離を始めることが出来れば、どれほど嬉しいか・・・
つい身構えてしまいがちですが、構えているだけでは片付きません。
すぐにやれることを繰り返すことが断捨離の基本でもあります。
どれか一つ、始めてみませんか?


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

部屋を片付けたい、断捨離したい!と思っている方は多いと思います。でも、いざ断捨離しようと思っても、どこから手を付けていいかわからないこともあるのではないでしょうか。RoomClipには、少しずつ断捨離を進めているユーザーさんも多いです。気軽に取り組めそうな断捨離のアイデアを教えていただきましょう。続きを読む

年末の大掃除
年末の大掃除・・・とうとう、この時期がやって来ました。
毎年のことなのに、なかなか捗りませんね。
いつも気忙しいばかりで・・・
そこで、こういう時こそプロのアドバイス!
リスト化とスケジュールは大切のようです。これかあ~


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

気づけばもう11月も半ばを過ぎ、街もクリスマス色に染まり始めています。これから年末に向け怒涛のスケジュール、という方も多いかと思いますが、何かお忘れではないでしょうか。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、そろそろ取り掛かりたい「大掃除の備え」についてアドバイスを記しています。続きを読む

買い物依存症
肉親が汚部屋に住んでいたら・・・
メンタル面も含めて、とても心配になりますね。
掃除を手伝うばかりが、手助けではないようです。
複雑な要因があるとは思いますが、解決に向けて考えましょう。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

今回は、物があふれかえった汚部屋に暮らす「妹」を心配する姉に、エッセイストの高山 真さんがアドバイスしてくれました。

■ 【お悩み】

先日、妹の家に行ったら部屋が汚くて驚きました。仕事と家族の世話で忙しく、前の週はぜんそくで寝込んでいて掃除ができなかったとのことですが、物が異常にあって心配です。タグのついたままの服もあちこちから出てきました。妹とはいえもう大人なので、何もいわず掃除を手伝いましたが、どうにかして部屋をきれいにしてもらう伝え方や、私にできることはないでしょうか?(千葉県 かなこここ 45歳)続きを読む

捨ててもイケた
断捨離は「思い切り」の連続だと思っています。
生活に必要だと思っていたものが・・・無くても大丈夫だったりしますね。
我が家は10年以上前から、キッチンの三角コーナーを使っていません。
今年になって、部屋のラグマットは全部捨てました。
無くても大丈夫・・・むしろ無いほうが快適です。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

今年も残すところあと1か月。徐々に年末が迫ってきていますね。日々忙しく過ごしている人ほど、慌てて掃除をしないよう今から徐々に物を捨てていくと後々楽になりそうです。片づけが苦手な人は、いっそのこと「片づける」よりも「物を大量に捨てる」ほうが掃除は楽チン。パソコンしか置いていないデスクが汚くなりようがないように、物を少なくすると片づけをする必要もなくなってくるのです。
そこでここでは、断捨離が得意という女性たちに意外と捨てても不便しないというものを聞いてみました!続きを読む

ゆる~く、ミニマリスト
ミニマリストの森秋子さんが、自身の生活ぶりを語ってみえます。
「ゆる~く、ミニマリスト」と謙遜していますが、なかなかどうして・・・
モノを捨てると、我が子に対するネガティブな言葉が減ったそうです。
言われてみれば、そうかもしれませんね。
また新しい「気づき」がありました。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

秋になり、そろそろ年末の大掃除に向けて少しずつ断捨離を初めている方も多いのでは?
ですが、家の中に物が多いと片付けも掃除も大変です。やる気がなくなることもしばしば…。
最近では「ミニマリスト」という言葉もよく聞きますが、無欲、清貧といったイメージの「ミニマリスト」、ハードルは高そうに感じるもの。

「ミニマリストには憧れるけど、物欲もあるし、そんなシンプルすぎる暮らしは無理……」と思っている人にこそ読んでほしいのが、『脱力系ミニマリスト生活』(著:森秋子さん)。
「自分の欲望に忠実な脱力系ミニマリスト」と自称する森さんが、子育てをきっかけに「ミニマリストになりたい」と少しずつ身の回りのいろいろな物を手放したり、やめてみたりしてマイペースにミニマリスト生活を楽しんでいる様子は、まさに断捨離を進めている、片付けに悩んでいる、そんなすべての人の参考になるはず。

そこで著者である森さんに、「自分らしくミニマリストを貫くコツ」を伺いました。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ