シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

2018年02月

見せる収納
インスタをやっている人は気になりますね、インスタ映え。
料理のプロたちは、使っているキッチンも清潔でオシャレです。
それを一般の人が真似をすると・・・
水汚れ、オイルのハネ、ホコリで大惨事になりかねません。
「見せる収納」は最上級者だけが許されたテクニックです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

かつては他人に見せる場所ではなかったはずのキッチンですが、最近は「インスタ映え」などを気にかけ「見せる収納」を取り入れる人が増えているようです。しかし無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』の著者で家事の達人・真井花さんは、この見せる収納について、「相当掃除好きな人でない限り、絶対にやめておいた方がいい」と断言しています。続きを読む

ゴミ屋敷化
ゴミ屋敷は、解決の事例が少ないようです。
数少ない解決事例でも、要する年数は3~10年。
しかも、住人の転居や死亡などで改善されたにすぎません。
ひとたびゴミ屋敷化すれば、どうしようもないのが現状のようです。
ゴミでも財産権が発生するので、法整備も必要なのですが、
多くの人にはゴミでも、住人にとっては「お宝」の場合があります。
外観から一目でわかるゴミ屋敷・・・まだまだ増えそうですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

うつにも似た症状で無気力になり、社会生活を放棄してしまう自虐うつ。あえて不健康や不摂生な生活を送ってしまい、最期には孤独死へと突き進むという。その中でも、最近特に問題視されているのがゴミ屋敷問題だ。全国の自治体がその対策のために奮闘しているが、厳しい現状があるようで……。続きを読む

ひとつ我慢する
断捨離で迷ったら仮置きしておく。でも仮置きのままほったらかし・・・
あるあるですね。なかなか完璧は難しい・・・
「好きなことをひとつ我慢する」とお金が貯まりやすくなります。
なるほど・・・金銭感覚の断捨離は必要ですね。


トラコミュ    ビフォー・アフター    断捨離してますか?

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

◆ダイエットや片づけ同様、貯蓄も自分に合ったやり方で
ダイエットや断捨離。気になる永遠のテーマですね。いろいろな体験談やプロのアドバイスなどを参考に、何度もチャレンジしたものの、途中でくじけたという経験はありませんか?糖質ダイエットがいいと聞けば、ご飯、麺類をやめる。けれど、どうしても食べたくなって、ちょっと口にしてしまったら、また元の食生活に逆戻り。続きを読む

床置き
どんなものにも「始まり」はありますね。
汚部屋の始まりは、床置きからだそうです。
言われてみれば・・・なるほどですね。
「壁際の床置き」、これだけは絶対に避けましょう。
特に台所・・・ここから侵食が始まりますよ。


トラコミュ    ビフォー・アフター    断捨離してますか?

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

床置き

最初から答えを書いてしまいますが、汚部屋のはじまりは『床置き』です。
例え、掃除が行き届いていなかったり、キッチンやテーブルの上がゴチャゴチャしていたとしても、床にモノが1つも置かれていない状態だったら『汚部屋』とまでは言えないでしょう。続きを読む

遺品整理
人が亡くなると、かなり大量のゴミが出るようです。
遺品整理のプロが様々な観点から心得を解説してくれています。
身内の不幸に役立つばかりでなく、
自分自身、どういう環境で死にたいかを考えれば、
今を、どう生きるべきかのヒントになるかもしれません。
私自身は「身一つでキレイに逝く」・・・こうありたいと思ったいます。


トラコミュ    ビフォー・アフター    断捨離してますか?

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
まさか、汚部屋を卒業できるとは。 [ ややこ ]

『遺品は語る 遺品整理業者が教える「独居老人600万人」「無縁死3万人」時代に必ずやっておくべきこと』(著:赤澤 健一)
遺品整理の仕事に従事している著者がこう記しています。

遺品整理の現場では、いまの日本人、あるいは日本社会の現実に直面させられる。多くの人が「一人で死んでいく」という現実だ。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ