たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

2018年05月

掃除機・・・正しい使い方
毎日のお掃除、大変ですね。
掃除機の正しい使い方を知りませんでした。
なるほど・・・こう使えば少しは楽になりそうです。
短時間でキレイになって楽ができる。これは知ってよかった!


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

家事のなかでも全身を動かし、意外としんどいのが掃除機がけ。面倒なのでなるべく手早く済まそうとやっているかけ方が、実はかえって掃除時間を伸ばしていることにもなっているって知っていました?続きを読む

汚屋敷で育った
汚屋敷で育った娘・・・なかなか壮絶ですね。
幼児体験は、その後の人生を左右します。
また、成人になってもゴミ屋敷が当たり前の感覚になります。
せめてゴミのない、虫のいない生活を手に入れたい・・・
当たり前のハードルは意外と高いのかもしれません。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

時折ニュースでも話題となるゴミ屋敷問題。他人事としてテレビで眺めていられるうちは気楽なものですが、いざ身近にゴミ屋敷があったら大問題。隣近所、あるいは実家がゴミ屋敷と化したとき、あなたは冷静に対処できますか?ゴミ屋敷に住む母と奮闘するコミックエッセイ『母は汚屋敷住人』(実業之日本社)の著者・高嶋あがささんに、その凄絶な日々と経験から得た片付けの極意を語ってもらいました。続きを読む

広く見せる
少しぐらいモノが多くても、部屋が広ければ・・・
そんなことを思ったりしますが、現実の住空間には限りがあります。
そこで今日は、部屋を広く見せる3つのコツです。
まずは「壁を多く見せる」ですね。これはかなり効果があります。
視覚的に広く見せて、心にも余裕を持たせましょう。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

部屋の情報から視覚的に広さを判断する
私たちは部屋全体から受ける印象で広さを判断します。判断基準となるのは、窓の大きさや外に見える風景、天井の高さ、インテリアのテイストや色合い、家具のサイズや配置など、視覚的に得られる情報です。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ