たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

2021年03月

500円貯金
誰もが一度はやったことがあると思う500円玉貯金。
私もデカンタボトルに貯めたことがありました。
臨時出費が重なった時に使ってしまいましたが…
お金持ちの人に500円貯金をしている人が多いんだとか。
貧乏だと途中で使っちゃうんでしょうが、
お金持ちの人は初志貫徹で続けることが出来るんでしょうね。
続けることが出来るのは、金銭的に余裕がある証拠かもしれません。
私も500円玉貯金、また始めてみます。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

◆ズボラな人でもお金が貯まる! 500円玉貯金とは
「お金持ちやマネーの専門家には、“500円玉貯金”をしている人が多いんです」

お金の初心者はもちろん、マネーのプロたちをも虜にするそのワケはいったいどこにあるのか。そこには大きく4つの理由が挙げられます。続きを読む

高橋英樹
俳優の高橋英樹さんがテレビ番組で断捨離の極意を語りました。
コツは「見ないで捨てる」と「70歳までに片付けを決意する」の二点。
「見ないで捨てる」のは時間短縮のため、
「70歳までに片付ける」のは体力的なことを考慮したため。
70歳を過ぎると物を捨てるのも一苦労だと聞きますから、
体が動くうちに、ためらわずに捨てるのがよさそうですね。
私は70歳までまだ間がありますが、少し見習いたいと思いました。
英樹さんは断捨離の神かも。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) [ 露木幸彦 ]
知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすい お金の教科書 [ 深田 晶恵 ]

俳優の高橋英樹がテレビ朝日系「徹子の部屋」に出演し、33トンを断捨離したきっかけや極意を語った。

 断捨離のきっかけは、一人娘でフリーアナウンサーの高橋真麻の言葉だったという。続きを読む

50代からの終活、片づけ5つのルール
終活ってしていますか?
早い人は40代から始めるとか聞いたことがあります。
ミニマリストならもっと早くからかもしれまんが…
50代からの片づけなら40代でも大丈夫ですよね。
5つの「べからず」ばかりなので、取り組みやすいかもです。
来るべき終活に向けて今のうちから準備しようかな。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

「50代は、まだまだモノが増えがちな年代。そこをあえて減らしていくのは難しいと思います。例えば洋服なら、1着買ったら1着捨ててみてはいかがでしょうか。それなら、減らないまでもこれ以上増えません」

【終活を意識した片づけ5つのルール】

一、一度に片づけようとするべからず
老前整理は、これからの人生を考えて進めなければならないため、かなりのエネルギーを要する。一気にやろうとすると疲れて挫折する可能性が大きい。気負わずに始め、毎日の習慣になるよう、少しずつ続けるのが理想的だ。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ