たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

2021年06月

ゴミ部屋が普通に
司法書士の女性が見たゴミ屋敷の実態の3回目です。
もともと女性(28)は派遣社員として、企業の事務仕事をしていました。
6月に派遣切りにあい、今は貯金を切り崩して生活していると言います。
ゴミ屋敷になった原因は「ゴミの分別」がわからなかったようです。
こういう人が多いですよね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

「ちょうど緊急事態宣言の前くらいから、仕事を失うんじゃないかって不安になって寝られなくなっちゃって。今までは自炊していたけれど、とてもじゃないけど、そんな気持ちになれなくて。それでコンビニでご飯買うようになって」続きを読む

ゴミ屋敷、28歳の女の子
前回に続いて司法書士の女性が見たゴミ屋敷の実態です。
部屋の住人は身ぎれいにしている28歳の女性、
悪い子ではなさそうでゴミ屋敷になった経緯を、
ぽつりぽつりと話してくれました。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

室内はゴミ袋が3重に積み上げられ…
外側から見ると、バルコニー側にもゴミが溢れています。本来ならバルコニーの柵の間から窓が見えるはずなのですが、白いゴミ袋が積まれているので、窓は上半分しか見えません。バルコニーにはざっと30個ほどのゴミ袋がありそうです。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ