1000万円
何かあっても安心できる金額といえば、
やはり1000万円ぐらいが目安になるようです。
既に1000万円を貯蓄した人も、初めは0(ゼロ)からスタートしました。
色々と決めて、まず一歩を踏み出す・・・これが大事みたいですね。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

子どもの教育資金として1,000万円がよく目安とされます。マイホームの購入資金も、頭金の目安は物件価格の2割と言われます。3,500万円の物件なら頭金として700万円。それ以外に諸費用が200万円程度必要なので、貯蓄が1000万円あれば心強いと感じる人も多いでしょう。

もちろんお金を貯める目的は人それぞれですが、1,000万円あれば車の購入、留学、海外旅行等々、まとまったお金が必要になったときでも幅広く対応できそうです。

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い
ミニマリスト ランキング ← スッキリしました…

無印良品とはじめるミニマリスト生活 [ やまぐちせいこ ]
ミニマリストが使っているすごい!定番品 (ていねいに暮らす) [ メディアソフト ]

これから貯蓄をスタートする人、これまでなかなか貯められなかった人には果てしない金額に思えるかもしれませんが、決して無理な金額ではありません。そのためにやるべきことをひとつひとつ実行していきましょう。

まずは「いつまでに貯めるか」を決める

とはいっても、1,000万円はそれなりに大きな金額。計画なしに貯めていくよりも、「何年後に」「何歳までに」とゴールを定めて毎月の貯蓄額を割り出す方が到達の可能性は高くなります。

例えば10年後がゴールなら、毎年100万円を貯めればいいということ。そのためには毎月8.4万円。毎月8.4万円がきつければ、例えば月々の貯蓄額が5万円で、ボーナスで夏と冬に20万円ずつ補填してもいいのです。自分が決めたゴールに向かって計画的に貯めていきましょう。

貯蓄のペースは人それぞれですが、世間の人の貯蓄額を参考にしてみるのもいいでしょう。金融広報中央委員会が実施している「家計の金融行動に関する世論調査 平成28年」で年代別の貯蓄額(金融資産保有額)を見てみると、
20代で215万円
30代で410万円
40代で602万円
50代で1,074万円
60代で1,500万円

というのが、各年代の実態に近い貯蓄額。これを参考にすると、例えば50歳までに1,000万円と目標を定めるのも一つの方法といえそうです。

先取り貯蓄で貯め、高金利口座に預け替え

1000万円を実現させるための基本は「先取り貯蓄」。お給料をもらったら、使う前に毎月決まった金額を強制的に貯蓄に回していく方法です。給与天引きや自動振替などで自動的にお金が貯まる仕組みを作っておきましょう。

会社員で勤務先に財形制度が導入されていれば、給与天引きで財形貯蓄をするのもいいですね。他にも自動振替で積立定期預金や貯蓄型の生命保険をかけていく方法もあります。

自動的にお金が貯まっていくのはいいことですが、預貯金だけでは利息がほとんどつきません。ただ貯めていくだけでお金はなかなか増えてくれません。

それなら金利を味方につけましょう。先取り貯蓄である程度の金額が貯まったら、より高金利なものに預け替えるようにすると効率よくお金が増えていきますよ。

一般的に、通常の銀行よりもネット専業銀行のほうが金利は高め。ボーナス時期や新年度などに金利キャンペーンをするところも多いので、タイミングを合わせて預け替えをしてみましょう。6ヵ月定期や1年定期など、期間の短いものを選ぶと預け替えしやすいですよ。

資産運用にも積極的にトライ

金利を味方にするなら資産運用にもトライしてみましょう。仮に100万円を年利0.1%の定期預金に預けたとすると、1年後の利息は1,000円。一方、資産運用で3%を実現できれば3万円です。1%だとしても1万円と、定期預金に預けたときの10倍です。

株式や投資信託などの運用商品には、値動きのリスクがついてまわります。例えば半分はネット銀行の定期預金、もう半分は投資信託というように、お金が必要となる時期と目標金額に合わせ、預貯金と運用商品をバランスよく組み合わせていきましょう。

節約をはじめるならまずは家計簿から

せっかく1,000万円という目標に向かってお金を貯めていっても、毎月の支出額が多くて貯蓄を取り崩してしまっては本末転倒です。

そのためにも「何に」「いくら」お金を使っているかをチェックしてみましょう。家計簿のつけ方は大雑把でも大丈夫。ざっくりでもよいので支出内容の把握をすることで、無駄がないか、どんなところに無駄が発生しやすいのか確認するのが何より重要です。つけないよりは、ざっくりでもよいので家計簿をつけることが大切です。

「固定費削減」で節約ストレスを回避

特売品で食費を節約したり、こまめに電気を消して光熱費を節約したりするのは、ストレスが溜まりやすいわりには節約効果が小さいもの。

効率よく節約をしていくためには、固定費を削減するのが効果的な方法です。細かな努力をしなくても、一度見直したら節約効果が持続するのが固定費です。家賃や生命保険料、新聞購読料などの見直しで月1万円でも削減を。その分を貯蓄に回せば、1年で12万円、10年で120万円の効果になります。1,000万円への道のりもスピードアップするでしょう。

節税できる金融商品は一石二鳥

貯蓄と節約、両方を一度に実行できれば貯蓄効率は高まりますよね。それを実現する方法があることを知っていますか。

それが節税効果のある金融商品や制度を活用するということです。例えば、確定拠出年金。払い込んだ掛け金すべてが所得控除の対象となり、所得税と住民税が安くなります。

つまり、その年の支出額を減らしながら、拠出金を投資信託や株式などで運用することで高い運用効果を狙えるので一石二鳥になります。値下がりリスクを避けたいなら、預貯金や生命保険などの元本確保型商品を選ぶこともできます。

1,000万円までの道のりは長いように感じますが、お金を貯めるコツを掴んだら実現不可能ではありません。あきらめずに、まずは一歩一歩行動に移すことが何よりの近道です。
https://goo.gl/X3QT7S

どれか一つ応援お願いします
    Thank you