断捨離の心得
どんなことでも、苦痛を伴うことは長続きしません。
断捨離は修行ではないので、なるべく楽しく行いたいものです。
具体的に、なにをどうしたらよいのか?
断捨離の心得を知っておくだけで、苦が楽に変わりますよ。


トラコミュ    ビフォー・アフター    断捨離してますか?

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

身軽で快適な生活のための定番となった、断捨離。でも実際に行ったり、それを維持するのは、意外とハードルが高いですよね。具体的に何をしたらうまくいくのか、手探りな部分もあります。今回は、ユーザーさんのルールやアイデアを参考に、「断・捨・離」それぞれの意味を考えながら、やり方を見つけていきたいと思います。

■ 「断」 要らないものを家に入れない工夫

世の中には魅力的なものがあふれていて、つい手を伸ばしたくなります。でもどんどん新しいものを買ってしまっては、断捨離の意味がありませんよね。家にあるものを認識し、余計なものを家に入れない工夫が必要です。


■購入するときは、家にあるものを確認して

ショッピングに出かけると、予定外のものまで欲しくなってしまうことも...... でもすぐに買うのではなく、Ryoさんのように、一旦家の手持ちアイテムの確認をしてからがベスト。そうすれば、タンスの肥やしになることはありません。本当に必要なものだけを、家に迎えることができますね。


■増えがちな小物は、数量と収納量を決めて

カトラリー類は、たくさんの種類を持ってしまいがち。このように、一目で分かる収納をしていれば、本当に使うものだけを保っていられます。しかも、それぞれのスペースがジャストサイズになっているので、これ以上増やすことが難しい収納方法になっています。無理なくキープできる理想の方法です。

モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット [ 佐久間健一 ]

トラコミュ    目指せ!汚部屋脱出    ワタシ、汚部屋と戦ってます

■家具は同じメーカーでそろえる

無駄のないすっきりとしたお部屋です。

antriver1さんは、家具をすべて無印良品でそろえています。テイストが合うだけでなく、他のメーカーの収納用品などが安易に増えなくなりますね。収納場所を増やしすぎると、しまいこんで断捨離が遠のいてしまいます。見た目のキレイさも維持する、断捨離アイデアです。


■ 「捨」 家にある要らないものを処分する

断捨離の中で一番注目され、実行するのも大変な「捨てる」こと。特に思い入れなどがあるものは、精神的にも疲労する作業ですよね。でも、一度ルールを決めてしまえば、どんどんスムーズに続けていくことができるはず。ユーザーさんの手放し方をマネしてみませんか。


■インターネットで済むなら、思い切って処分

家電などを買い替えても、取り扱い説明書だけはいつまでも残っていたりしませんか。miii_yさんのように、ラベルを付けてサッと取り出せるようにすると、必要なものが一目瞭然です。あまり使わないものは処分し、インターネットで閲覧するという方法も。うまく使い分ければ、スリムな収納が実現しますよ。


■新しく買ったら、古いものは捨てる習慣

naoさんのように、「新しく買ったときは、古いものを捨てる」という習慣を身につけると、モノが増えることを抑えられます。簡単なようで、意外と忘れてしまいがち...... キッチンツールだけでなく、すべてのもので言えることなので、購入する時点での心構えも変わっていきそうです。


■捨てられないものは、譲る選択

手放すタイミングが難しい本。

でも、またいつか読み返すかもしれないという不確実な気持ちを尊重して、収納スペースを取られるのはもったいない。思い入れがあって捨てられないのものは、ROBINさんのように、必要としている人に譲るというのも手です。今の自分に必要なものだけを選びたいですね。


■ 「離」 ものに執着しない

最後は、「ものに執着しすぎない」という思考を身に着けることが大切です。がんばってものを減らしたのに、リバウンドしてしまった...... ということがないように、心掛けたいですね。執着しないための具体的なアイデアを、ぜひ参考にしてみてください。


■代替方法があれば、道具がなくても大丈夫

専用の道具が必ず必要という、固定概念を崩してみましょう。mohayaeteさんは水切りカゴをやめて、洗面器とクロスを使っています。一気に仕上げまでできるうえ、お気に入りの道具を丁寧に扱う心のゆとりも生まれそう。今あるもので試してみるという工夫を探せば、発想力も豊かに。


■直置きしない環境作り

直置きしているものが何もない、ミニマルなお部屋。ものはすべて収納家具やケースの中に入って、色も統一されています。これだけ整っていると、ものが1つ出ているだけでも自然に気に留まるようになりますね。「収納に収まる分しかものを持たない」ということを、意識的に取り入れたいです。


■思い出も、ものに縛られない

子どもの作品や旅行の記録など、ものとして残った思い出は、処分していいものか悩みます。…

でもためていると増える一方で、収納にも一苦労。zenoさんは、思い出の品の容量を決めて処分を検討するそうです。思い出を扱いに困るものにする前に、見返すことがあるのか、本当に必要なものなのかを、見直したいですね。


■たくさんの飾りより、選りすぐりを少し

ものがあふれたお部屋は、せっかくのお気に入り達も埋もれてしまい、魅力が半減してしまいます。多くのものを持つのではなく、愛情をこめられる選りすぐりを見つけたいですね。すっきりしているのに洗練さが漂う、ms.さんのような、ワンランク上のインテリアを目指しましょう。

今まで見て見ぬふりをしていたことが、数多くあることを再認識しました。ものと向きあって少なくしていくと、心も軽やかになりそうです。少しずつ見る目を磨いて、断捨離の精神を、自分に合った方法で消化できたらと思います。
https://goo.gl/jkuUmB