看護師
40歳の看護師が孤独死。
彼女は職場で評判も良く真面目だったとか・・・
しかし彼女の住んでいた部屋は腐敗臭のする環境でした。
7トンものゴミが、部屋を埋め尽くす壮絶な汚部屋。
ウジが湧く部屋になったのは、彼女に何があったのでしょう?


トラコミュ    ビフォー・アフター    断捨離してますか?

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

◆看護師として真面目に働くも自宅は汚部屋化

 自虐うつによるゴミ屋敷化で、意外に多いのが女性だ。彼女たちは、自宅では人間の尊厳をかなぐり捨てたような生活を送りながらも、会社では真面目に働いているといったケースが少なくない。そのため、友人や親族でさえ、症状を見抜くことは難しいという。一例として現場の清掃業務を担当した特殊清掃人の石見良教氏が挙げるのが、孤独死していた40歳の一人暮らし女性Cのケースだ。

無印良品とはじめるミニマリスト生活 [ やまぐちせいこ ]
ミニマリストが使っているすごい!定番品 (ていねいに暮らす) [ メディアソフト ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い
ミニマリスト ランキング ← スッキリしました…

 彼女は都内の1Kのアパートで、160cmほどの高さまで積み上げられた生活ゴミの中、心不全で息を引き取っていた。冷蔵庫の電源は入っておらず、容量以上に詰め込まれた食品は腐り果て、大量のウジが湧いていた。部屋から搬出されたゴミの重さは、計7tにも達し「その量から計算すると、彼女は1年近くにわたり、腐敗臭がするゴミの上で生活していたと推測できる」(同)のだという。

断捨離アンになろう! モノを捨てれば福がくる [ 鈴木 淳子 ]

トラコミュ    目指せ!汚部屋脱出    ワタシ、汚部屋と戦ってます

 しかし、都内の病院で看護師として働いていた彼女の職場での評判はすこぶる良く、死んだ当日に出勤しなかった彼女を心配した職場から彼女の姉に連絡が行き、遺体が発見されたのだった。清掃に立ち会った姉の話では、彼女とは外で頻繁に会っていたものの、部屋がこんな状態であるとは夢にも思っていなかったという。しかし、彼女の室内からは向精神薬の類いが大量に発見されている。

「それまで普通の生活を送っていても職場での人間関係の破綻、失業などで一気にセルフネグレクト化するケースをいくつも見てきました。心のケアをしなければ、数か月後には元のゴミ部屋に戻ってしまう。そんなケースを見ると、やるせない気持ちでいっぱいになりますね」(同)

 自虐うつの最後に待ち受ける孤独死。自らを大切にできない自暴自棄な人に突然訪れる死は、防ぐ術がない。
https://goo.gl/h7PojN