床置き
どんなものにも「始まり」はありますね。
汚部屋の始まりは、床置きからだそうです。
言われてみれば・・・なるほどですね。
「壁際の床置き」、これだけは絶対に避けましょう。
特に台所・・・ここから侵食が始まりますよ。


トラコミュ    ビフォー・アフター    断捨離してますか?

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

床置き

最初から答えを書いてしまいますが、汚部屋のはじまりは『床置き』です。
例え、掃除が行き届いていなかったり、キッチンやテーブルの上がゴチャゴチャしていたとしても、床にモノが1つも置かれていない状態だったら『汚部屋』とまでは言えないでしょう。

無印良品とはじめるミニマリスト生活 [ やまぐちせいこ ]
ミニマリストが使っているすごい!定番品 (ていねいに暮らす) [ メディアソフト ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い
ミニマリスト ランキング ← スッキリしました…

では、床置きの始まりは?

バッグや、紙袋、レジ袋が多い。

ちょこっと置いてしまいがちではないですか?
置いてしまうことに罪悪感を感じにくいんですよね。
多分、中身が見えないから。
バッグの中身を何もない床に、ゴチャっと置くのは気が引けるんですが、まとまっているってことで、許してしまいがち。

断捨離アンになろう! モノを捨てれば福がくる [ 鈴木 淳子 ]

トラコミュ    目指せ!汚部屋脱出    ワタシ、汚部屋と戦ってます

どこから置き始めるの?

壁際です。

モノは壁際から侵食してきます。
最初にど真ん中に置くのは、やっぱり気が引けるんですよ。

部屋のど真ん中に、小物がパラパラと散らばっているって不自然。わざと散らかした感満載です。
壁際の安心感は、恐ろしいですね。

一度、何かが置かれてしまえば、広がっていくのは早いです。
もう、小物だろうとゴミだろうと、最初に置かれたモノの周辺にどんどん置かれていきます。
とりあえず、壁際にまとめて置いてある状態から、いつの間にか床が見えない状態へ。

思い当たる方は、いらっしゃいますか?

原因が分かれば、気を付けることが出来ますよね。
買い物をしてきたモノは、とりあえず袋のまま床に置くのではなく、とりあえず袋から出してみてください。

袋から出すだけで、それが床に置かれる確率はかなり減るはず。
床って、見えれば見えるほど、気分が上がるんですよ!!
https://goo.gl/cEboq6