狭小ワンルーム
狭小ワンルームで暮らすブロガーさんがいますね。
バス・トイレつき、6帖一間のマンションで生活しています。
収入はブログのアフィリエイト収入のみで、月に15万円程度。
これこそミニマリストな生活ですね。
私には真似する器用さと勇気と、才能がありません。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

部屋も家計も究極にミニマル!12㎡・狭小ワンルームでの自由な暮らし
生活費の大半を占める「家賃」。家賃を抑えたいけれど、部屋の広さは妥協できないから、その分家賃が高くなっても仕方ない……そう思っている人もいるだろう。

50歳からラクになる人生の断捨離 [ やましたひでこ ]
しない家事 [ マキ ]   母は汚屋敷住人 [ 高嶋あがさ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

そんな人は一旦自分の部屋を見回してみてほしい。使わないものを部屋に置いてはいないだろうか?使わないものの無駄なスペースのために、家賃を支払っていないだろうか?

家賃節約の第一歩は自分にとって本当に必要なもの、必要な部屋の広さを見直すことにあるのかもしれない。

無印良品とはじめるミニマリスト生活 [ やまぐちせいこ ]
伝説の家政婦が自宅で実践! 週末15分そうじ術 [ 鈴木 美帆子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

そこで今回は大阪市内で家賃3万2000円、たった12平米の極小ワンルームでミニマルな暮らしを送っているハンバート友幸さんのお宅を訪問。ミニマリストの彼が、手放したもののかわりに得たものを聞いてきた。


部屋も生活費もミニマルなのに、自由な生活を謳歌しているハンバート友幸さんに、暮らしのコツを聞いてみよう!
プロフィール
名前:ハンバート友幸さん
性別:男性 
年齢:33歳
職業:ブロガー
ブログ:http://www.humbert-tomoyuki.com/
生活費

ハンバート友幸さんの1ヶ月の生活費。家賃込みで6万円以内というのは驚き
物件情報
所在地:大阪府大阪市
家賃:32,000円(ガス・水道代込)
間取り:1R(12㎡)
築年数:20年


ハンバート友幸さんが住む賃貸物件の間取図
収入を手放す代わりに得た自由な時間
人がミニマルなライフスタイルに至る理由は、さまざまだ。ハンバート友幸さんが現在の生活を始めた理由はいたって単純、節約するためである。ただし、その徹底ぶりは尋常ではない。

これまで洋服の直しのアルバイトや、契約社員としてネットワークエンジニアなどの仕事に携わってきた彼。一時期は本業と副業合わせて月に40~50万円もの収入を得ていたこともある。

現在の住まいは大阪で、6帖一間のマンション。もともと、この地に来たきっかけは職場が変わったためだったが、その仕事も今は辞め、現在の収入源はブログの運営によるアフィリエイトのみ。会社に所属しない現在の生活を、彼は「セミリタイア」と称している。

「以前は収入を増やし、節約して貯蓄に多く回すことを優先していましたが、当時の目標だった貯金1000万円を達成した頃に意識が変わりました。お金を貯めても欲しい物はないし、結局使い道がない。それなら、働くのを止めて自由な時間を得た方が幸せなんじゃないか? と感じたからです」(ハンバート友幸さん)

アフィリエイト収入は、変動が大きいが、平均すると月に15万円程度。この分野での成功者に違いないが、それでも典型的な成人男性の生活を考えると十分な収入とは言えないだろう。にもかかわらず彼が他の仕事を完全に辞めるに至ったのは、生活費を徹底的に抑える術を身に付けていたからだ。


どんな記事やキーワードが読者のクリックにつながるか、日々研究を欠かさない


洋服直しのアルバイトで得た知識を活かした、洋裁系のライフハック記事も多い


ファッション系の投稿も多いので、アイロンは必需品。横にあるティッシュケースはトイレットペーパー用のもの
自分が掛けた労力が、得られた価値と見合うかどうかを考える
「生活費は家賃など全て合わせて、6万円以内に収めるように暮らしています。本来はもっと削りたいところです」(ハンバート友幸さん)

支出の内訳は前述の通りで、食費が6,000円というのはにわかには信じがたい。そのノウハウについてはブログに記されているが、一例を挙げると、広告やポップに惑わされて感覚で買い物せず、100g単位の価格を見比べて買う、業務用スーパーで同じ食材を大量に購入する、炭水化物はエネルギーに対して単位価格の安いパスタ、小麦粉を多用する……といった具合。驚くべき徹底ぶりだ。


食事はほぼ自炊のため、冷蔵庫はやや大型。ちなみに洗濯機はなく、手洗いだそう


洋服はHanesやユニクロなどシンプルな定番ものを選び、ブログのネタを探す

収入を考えると、もう少し生活費に割いても良い気がするが、彼はこう考えている。

「この生活で十分。今より収入が増えたとしても、広い部屋に引っ越したりはしないと思います。私は何か物を買うとき、それによって得られる価値が自分の掛けた労働に見合っているか? をつい考えてしまうんですよね」(ハンバート友幸さん)

まさに生まれついてのミニマリスト、というわけだ。将来についても「どうにかなるだろう」と楽観的に考えている。その自信は前述の生活費を抑えることに抵抗を感じない、という生来の性格によるもの……だけではないだろう。

定職に就くことは向いていない、と語る彼だが、努力することを拒否しているわけではない。ブログのように掛けた労力が報酬という形できちんと評価されるなら、努力を厭わない性格だ。

自分の価値観を信じ切ることができれば、人生はもっと楽になるのかも。彼の飾らない生活ぶりを見て、そう感じた。
自分にとって必要なものを見極めることで、生活費を抑えながらも自由な暮らしが謳歌できる!
月40万円以上の収入を捨ててブログ一本で生きるハンバート友幸さん。その決断に至ったのは、ミニマルな暮らしで生活費を徹底的に抑える術を身につけていたからだった。

生活コストを抑えて好きなことだけをやる。そんな暮らしも、自分にとって必要なものを見極めることができれば、叶うのかもしれない。
https://goo.gl/NBtTGA

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
    Thank you