※【閲覧注意】の動画なので心してご覧ください。
ゴミ屋敷にはゴキブリがつきものですね。
汚ければ汚いだけゴキブリが発生します。
ゴキが大量発生したアメリカの桁違いなゴミ屋敷。
ここまでくると消毒や駆除は無理なようで、
ゴミ屋敷ごと燃やしました。これで一件落着?


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

 「汚物は消毒だぁッ」と火炎放射器片手に暴れる世紀末はとっくに過ぎてしまったが、アメリカである廃屋を徹底的に焼き尽くす動画が話題になっている。

50歳からラクになる人生の断捨離 [ やましたひでこ ]
人生ノート [ 美輪明宏 ]   母は汚屋敷住人 [ 高嶋あがさ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

 しかも火をつけたのは地元の消防士。ってちょっとアレな話か?と思いきや、実はこの家は放置されるうちにゴキブリ繁殖ハウスとなり、どんな駆除法も効かないため丸ごと焼却することになったのだ。

無印良品とはじめるミニマリスト生活 [ やまぐちせいこ ]
伝説の家政婦が自宅で実践! 週末15分そうじ術 [ 鈴木 美帆子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

 ネットを巡り海外掲示板をにぎわしているこの映像。地元の消防が全面協力した害虫駆除の様子がこちらだ。

・食品も放置してた廃屋がゴキブリ屋敷に!

 一応言っておくとこれはフィクションではなく、2010年にイリノイ州クリスチャン郡パナ市で実際に行われたゴキブリ駆除の様子だ。

 問題の家はサウス・メープル通りに面した空き家で、かなり長い間放置されていた。

 かつての家主の情報は不明だが、その人物は家具や生活用品もそのままにして立ち去ったらしい。

 それだけならまだ良かった。しかしその中には汚れたままの食器や古くなった食べ物も含まれていた。

 つまりゴキブリにとって理想的な環境が整っていたのだ。

・近隣住宅にも侵入。一般的な駆除も効果なし

 屋内では安住の地で爆発的に繁殖しまくったゴキたちが、あらゆるものを占拠していた。しかもそのうち餌が尽きたのか、近隣の家にも入り込み荒らし回るようにもなっていた。

 もちろんパナ市も頭を悩ませて、捕虫器や殺虫剤なども駆使してみたが、全然効き目がなかった。

 実はこのゴキたちは、日本はもちろん世界的にも異様なしぶとさで定評があるチャバネゴキブリで一般的な駆除法が通用しなかったのだ。

 そこで市はゴキ殲滅会議を開き、当局と協力してこの廃屋を燃やし尽くすことにした。

 となると近隣への延焼が心配されたが、幸いなことにチャバネゴキブリは飛べないため、地元の消防士もリスクがほとんど無いと判断したのだ。

・消毒アンド殲滅。焼却駆除が始まる

 その日、消防士はゴキブリが地面やよそに逃げ込めないよう、あらかじめ家の周りを掘って木の枝などを敷き詰め、外側を盛土で囲ってから着火にかかった。

 枝に火をつけると、まもなく家全体が燃え始めた。その間、消防は延焼防止に周辺の家屋に水をかけながら燃えるゴキ屋敷を見張っていた。

 彼らは家屋だけでなく土台もきっちり燃やし、焼け落ちた残骸も火がくすぶり続けるよう調節した。

 その後、がれきだらけの焼け跡もちゃんと見回り、生きたゴキブリがいないことを確認してから作業を終えた。

・辺りのゴキブリが消えた!炎作戦成功!

 結論から言うとこの作戦は大成功だった。いわゆる炎のプロである消防士の入念な処理のおかげで、数週間経っても周辺でゴキブリの被害を訴える声が上がらなくなったのだ。

 泣く子も黙る徹底した害虫駆除ぶりに海外掲示板ではこんなコメントが上がっていた。

この件に関する海外の反応は?

Nichijo
ゴキブリの大移動を目撃した人いる?あれはSF並みに怖い。

私が見たのはたった5分ぐらいの間だったけど、何百万匹ものゴキブリが突然おんなじ方向を目指して移動していったよ。あっという間に去ったから今のはなんだったんだ?って感じ。

奴らが移住する性質があるのか、どこか目指す場所があったのかどうかはわからないけど、見事な集団行動だった

Nycimplant2
話はわかった。とりあえずシャワー浴びさせろ

PelagianEmpiricist
シャワーじゃ足りない。脳も燃やして消毒しないと…

usuallybehindthelens
燃えてる脳をさらに火で囲まないと逃げちゃうよ

sitefall
前にレストランに勤めてたんだけど、隣の飲食店でゴキブリが大量発生して、バルサンみたいなので駆除してた。

で、その駆除スタッフがうちの店にも来たんだけど、うちのオーナーは店をいったん閉めるのが面倒だし「うちは清潔だから大丈夫」って断ったんだ。まあ、実際オレらも虫とか見なかったしね。

でも一部の部屋でやったら、いろんな隙間からゴキブリがわんさとはい出てきた。コンセントの中からもだよ。結局、店を2日閉めて建物全体をくん煙駆除した。それから冷凍庫の食品も全部交換するはめになった思い出

ichbinprashant
火炎放射器が必要な理由はそこにある

Wavesignal
昨日の夜ゴキブリに気づいて目が覚めた。もう家燃やすしかないんか…

ashbyashbyashby
ホテルで就寝中、自分の髪に親指大のゴキがくっついてて目が覚めたことがある。あとはもう寝るどころじゃなかった。結局髪を短く切って別な宿に移った

friedrice5005
子どもの頃、退治しようとした母親にまっすぐ飛んでって髪の毛にしがみついたゴキブリのことが今でも忘れられない。私は恐怖で固まってて見てることしかできなかった

DiscusFever
害虫駆除作業をしたことがある人は焼却すべき家に住んでる人を臭いで感知する

marble_god
戸建てじゃなくアパートとかのゴキは配管やダクトに住んでるから、建物から出ずに気に入った住人の部屋にいつでも侵入できる。隣の部屋よりもきれいにしとくぐらいしか対策がない


 なお、今回の駆除法は現地では最良の策を取ったとみなされたらしい。

 火の取り扱いには慎重を要するが、さほど効き目のない殺虫剤のせいで下手に耐性を持つ虫が生まれるよりもずっとまし、ってことみたいだよ。
https://goo.gl/oA8PuK

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
    Thank you