ゴミ屋敷・・・怒った大家
子連れファミリーにアパートを貸していたフランスの大家さん。
借家人が家賃滞納、挙句に夜逃げをされてしまいます。
住人のいなくなった部屋を片付けようとした大家さん、
驚くことに貸した部屋がゴミ屋敷になっていました。
その後、借家人だった子連れファミリーの新居を探し出し、
彼らが残したゴミを届けましたとさ。めでたし。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

 大家にとって、毎月の家賃を期日にきっちりと納め、出て行く時にはゴミを残さず綺麗に片づけてくれる入居者ほどありがたいものはないだろう。しかし、中には家を台無しにして去って行く者もあり、大家に残されるのはゴミ屋敷と化した家の大掃除と、多額の修理費だ。

ふたりからひとり ときをためる暮らしそれから [ 津端英子 ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

 去年6月、フランスに住む大家の男性が元居住者に家賃を滞納された挙句、家をゴミ屋敷にして返された。怒った大家は、荒れた家の中の複数の写真や動画を撮影し、フェイスブックに投稿した。

 更にこの大家、無責任な状態で放置し家を出て行った元居住者の新たな居場所を突き止めた後、こんな報復を実行したのである。

見てわかる、断捨離 決定版 [ やましたひでこ ]
まさか、汚部屋を卒業できるとは。 [ ややこ ]   やせる収納 [ 梶ヶ谷陽子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

元居住者の子連れファミリーが家賃滞納後、アパートを去る
 フランス北部エーヌ県ロゾワ=シュル=セールにある小さな町に大家として暮らしているフランス人のトーマス・ラヴォーさんは、ある一家に自分のアパートを貸したことで散々な目に遭わされた。

 ラヴォーさんによると、子供3人を抱えたその家族は家賃を1年2か月も滞納した挙句に、何の連絡もせず、アパートのカギも返さないまま家を出て行った。

 家の状況に全く気付かなかったラヴォーさんは、通常入居者が退去する際に行う家の中の在庫確認チェックすらする機会もなかったという。

 その後、ラヴォーさんは貸していた部屋に入ると、中はゴミ屋敷と化しており、愕然となった。

家の中はゴミとガラクタの山、あちこちに汚物が散乱

 どの部屋もゴミとガラクタが溢れかえった状態で、物が詰められていくつも重なった箱や綺麗に片付けていない猫用のトイレがそのまま放置されてあった。更に、備え付けの家具が台無しにされていただけでなく、壁も部分的に破損し、床の至る所に汚物が散乱していた。

 荒れた家の中の様子を写真とビデオに撮影したラヴォーさんは、「こんな状態で貸した家を返された。3人の子供がいながらこのような生活をするなんて信じられない。新しい大家のもとでの幸運を祈る」とフェイスブックに投稿した。

 しかし怒りは収まらず、なんとかして報復してやろうと思った。

 一家の新しい引っ越し先がわかったラヴォーさんは、元居住者が残していった大量のゴミやガラクタ、台無しにされた家具などをトラックの荷台に詰め込み、一家の住む家の前に乗り付けた。そして、荷台から全ての物を家の前にぶちまけたのである。
https://www.facebook.com/thomas.ravaux.3/videos/445179005941398/

 この動画が再びフェイスブックに投稿されると、海外メディアも注目を浴びるほどの拡散となった。ユーザーらからは、大家の行為を非難するどころか、散々な目に遭わされた彼に同情の声が寄せられたようだ。
http://exci.to/2Sk4vX7

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
    Thank you