絶対に?・・・片付くルール
いつも応援ありがとうございます!
みなさんは片付けが得意ですか? 
私は大の苦手、まだ掃除のほうがいいかな。
『絶対に片付くルール』というのを見つけました。
全部出して、分けて、仕舞おうとしたら・・・
どういうわけかモノが入らなくなりました。溢れてる~
あるあるですよね。こういうこと。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

リバウンドを少なくする片付けの基本ルール
せっかく片付けてもすぐにリバウンドするから、片付けるのが嫌になってしまうなんてことはありませんか? リバウンドが起こってしまうのは、物を整理しないまま詰め込んでしまうことが原因であることが多いです。

ふたりからひとり ときをためる暮らしそれから [ 津端英子 ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

ここではリバウンドが少なくなる、シンプルな片付けの基本ルールをご紹介します。

STEP1:出す
引き出し1段分の文房具を全て出してみる
片付けをする場所から物をすべてを出します。一度にお部屋すべてを片付けようとするのは大変です。今日は引き出し1段分や、文房具だけなどと、場所やアイテムを絞って行いましょう。

その際には、違う場所で保管している同じ種類の物もいったんすべて出してきてくださいね。物の全量を把握することはとても大切です。

見てわかる、断捨離 決定版 [ やましたひでこ ]
まさか、汚部屋を卒業できるとは。 [ ややこ ]   やせる収納 [ 梶ヶ谷陽子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

STEP2:分ける
使っている、使っていない、保留の3つに分類
基本的には、使っている物、使っていない物に分けます。使っていない物でも、どうしても迷ってしまうものには保留にします。

保留にしたものは、箱に入れて期限を書き、手が届きにくい所など違う場所に移動します。期限が来ても1度も使うことがなかった物は手放しやすくなります。

また、分ける基準は、アイテムによっても違ってきます。書類などでは「必要かどうか」が基準ですし、衣類だったら「着たいかどうか」など気持ちも大きくかかわってきます。とにかく、今使う物(必要な物)だけをその場に残すようにしましょう。

STEP3: しまう
毎日使う物ほどゆとりをもって収納することが大切
STEP2で選びぬかれた必要な物を収納します。出し入れのしやすさを重視して物の指定席を決めましょう。

物を出すときは、その物を使いたい!という気持ちから面倒でも出してきますが、面倒な場所だとしまわなくなり出しっぱなしになってしまいます。その1つ1つの物の出しっぱなしがリバウンドにつながります。できればラベリングをすると、元の場所に戻そうという意識が生まれるのでおすすめです。
https://bit.ly/2WemIHC

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
    ありがとうございました