親のゴミ屋敷に100万円
いつも応援ありがとうございます!
疎遠にしていた父親がゴミ屋敷住人。
亡くなってから方々に借金まであることが発覚しました。
借金総額も不明なので相続放棄して一安心したのですが・・・
法的には、たとえ相続放棄してもゴミ屋敷の管理責任は免れぬようで、
結果として父親のゴミ屋敷を片付けることに。
片づけ業者に支払っただけでも約100万円。
ゴミ屋敷を片付けるのには、想像以上に手間とお金が掛かるようです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

「片付けられない」父の死

 「だって、私、相続放棄したんですよ。なんでこんなことになるのかまったく理解できません」

 東京都に在住のAさんを困らせているのは、今話題の空き屋・ゴミ屋敷問題でした。Aさんは現在30代前半で、アニメ好きの色白小柄な今時の女性です。

ふたりからひとり ときをためる暮らしそれから [ 津端英子 ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

 Aさんは1年ほど前に京都に住む父親を亡くしました。

 母親はその数年前にすでに亡くなっており、父親は一軒家に一人暮らし。Aさんは一人娘でしたが、20代後半の頃に勤めていた祇園のお店で知り合った50代前半のお客さんと結婚。夫の家のある東京に移り住み、以来父親とは疎遠になっていました。

 Aさんが、久しぶりに実家に帰ると、家の中から庭まで粗大ごみが積み重なり、平屋だったこともあって室内には日の光もほとんど入りません。家の中からは異様な匂いがしていたといいます。

 驚いたAさんが注意すると「わかった、わかった」というものの、片付ける様子はありません。こうしてますますAさんは実家との距離が遠のいていったのです。

隠されていた借金

 そんな父親が体調を崩し、入院してそのまま帰らぬ人となったのは、前述の通り1年ほど前。

 父親の遺品を整理しようと実家に帰ったAさんは近所の方から驚くべき事実を知らされました。

 父親は生前、ゴミのことでご近所さんから注意されると怒鳴り返すなど、近所で有名なトラブルメーカーだった。そればかりか、近隣から借金をしていたというのです。どれも数万円から数十万円単位の借金ですが、まったく返済しないままで、近所の寿司屋で豪華な食事をしたりと不誠実な振る舞いをしていたため、近隣からは余計嫌われていたというのです。

 当然Aさんは、近所の人たちからお金の返済を求められました。

 そこで会社を経営している夫に相談したところ、「相続放棄をすればいい」と言われ、家庭裁判所に相続放棄の申し立てをすることにしました。

 相続放棄とは、亡くなった方のプラスの財産もマイナスの財産(借金)も一切を相続しなくていい制度です。相続が発生したことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に申し立てをする必要がありますが、今回のように借金があり、その全貌が見えないときなどに使われることが多い制度です。

 Aさんの場合も「今わかっている借金なら問題なく返済できるのですが、あとで莫大な借金が出てこないとも限りません。それが不安だったので相続放棄を決断しました」ということだったのです。

見てわかる、断捨離 決定版 [ やましたひでこ ]
まさか、汚部屋を卒業できるとは。 [ ややこ ]   やせる収納 [ 梶ヶ谷陽子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

「管理責任」はなくならない

 こうして父親の借金から解放されたAさん。しかし、それですべてが解決したわけではありませんでした。父親が住んでいた町の町内会の代表から突然、「ゴミ屋敷を片付けてくれ」と、連絡が来たのです。

 相続放棄をしたにもかかわらず、どうしてAさんは実家を片付けなければならないのでしょうか。

 実は相続放棄をしたからといって、空き屋を含む相続財産の「管理責任」まで免れられるわけではありません。しかも今回のケースのように相続人が一人の場合、相続放棄によって空き屋を相続する必要がなくなっても、民法上、相続財産の管理責任が残ってしまうのです。

 Aさんは知人に紹介された弁護士に相談しました。弁護士によると、相続財産が全体としてプラス(財産が負債より多い)になりそうであれば、速やかに家庭裁判所に「相続財産管理人」を選任して、その人に相続財産の管理を引き継ぐという対応もあるというのがわかりました。

 ところが、先にも言ったように父には方々に借金があるようだし、家の中もゴミだらけでめぼしい財産は何もなかったので、これは選択できません。そもそも、この相続財産管理人の選任には、ゴミ処分にかかる実費を上回る予納金を収めないといけない見通しでもあり、とても現実的な選択肢にはなりそうもないのです。

膨大なカネがかかる

 結局Aさん自身が、相続放棄をしたものの、管理責任に基づいて、ゴミ屋敷の後処理をしなければならないことになってしまったのです。

 ゴミ屋敷の片付けを自分でやることを覚悟したAさんは、格安の遺品整理業者を調べることにしました。

 「ネットでは結構安いのがあるんですよね。2万円切るような業者とか。これはいいと思ってその中で最も安そうなところに連絡しました。ところが、実際空き家に行ってもらって見積もりを出してもらったら、びっくり。2万円というのは軽トラック1台分で、実家の片付けには100万円近くかかってしまいました」(Aさん)

 しかも、片付けのために東京と京都を何度も往復しなければいけなくなったAさん。法定相続人が一人だったため、親族内での「争う族」にはなりませんでしたが、父の遺した「負の遺産」のため、危うく近隣との争いになるところでした。なんとか近隣との争いを避けることはできましたが、遺品整理の収支で大きなマイナスとなってしまったのです…。

 Aさんはため息交じりにこう言います。

 「なんとかゴミ屋敷は片付けましたが、後の管理や、不動産の手続きも残っています。結局のところ相続放棄をしたと言っても相続人が私だけですし、後始末は私でやるしかありません。こんなことにならないためにも、父にはせめて生前にある程度の整理というか終活をしておいてほしかったですね…」

 一般的には相続人は一人であれば、相続は揉めないと言われます。遺産の分割に関してはそうですが、遺産の管理で近隣と揉めるケースもあるのもまた事実。やはり個人的には遺言を書いたり、終活をしたりというのは、生前の残された子供たちに対する最低限のマナーではないかと思います。
https://bit.ly/2NRS2YQ

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
   ありがとうございました