100万円も、家1軒片づけ
いつも応援ありがとうございます!
みなさんは大型ごみをどうされていますか?
粗大ごみを処分しようと思うと手間とお金がかかりますよね。
家一軒を片付けようとすると自分たちではちょっと無理。
業者に頼むと最低でも30万円、
モノが多い場合は100万ほど掛かるようです。
この先、まだまだ処分費が高くなるので捨てるなら早めですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

ここ数年「断捨離」や「片付け」をする人が増え、今では生前整理や遺品整理も話題になることがあります。持っている物を手放すのは簡単だと思われがちですが、場合によってはすごく面倒だし、お金がかかってしまうこともあるのは事実。

ふたりからひとり ときをためる暮らしそれから [ 津端英子 ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

実際、筆者は約3万円を出して物を処分しました。この先も出てくるであろう不用品。処分のコストを少しでも下げるためにどうすればいいのでしょうか。

捨てるだけで数万円にもなる処分費用

物を処分する場合、筆者はフリマアプリやネットオークションなどを使います。まだまだ使える物も多いですし、少しでもお金になった方が嬉しいからです。とはいえ、送料や手間を考えると売ることを躊躇う物もあり、以前片付け専門の業者さんに処分をお願いしたことがありました。

見てわかる、断捨離 決定版 [ やましたひでこ ]
まさか、汚部屋を卒業できるとは。 [ ややこ ]   やせる収納 [ 梶ヶ谷陽子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

具体的には、マットレス(3枚)、壊れたワインセラー、サーフボード、すごく重い椅子、ホワイトボード(大型)、あとは細々した物です。これらは、重さがあったりサイズも大きいので、通常の宅急便で送ることができません。そのため、出品者が送料を負担することが多いフリマへの出品には不向きなのです。

これらの処分費用ですが、合計で「2万8,296円」になりました。
業者さんの基本料金:4,000円
運搬料:1,000円
処分費:1万5,500円
リサイクル料金(ワインセラー分):4,715円
振込手数料:185円
手続き代行手数料:800円
消費税:2,096円(10月1日前だったので税率は8%)

振込手数料と手続き代行料は、リサイクル料金にかかってくるものです。家電の場合はリサイクル料金がかかるので、手続きが必要になるようです。金額が最も多いのは処分費です。その中で一番高かったのは、「サーフボード」でした。

サイズが大きいので、4,000円近くかかりましたね。他には、ワインセラーがリサイクル料金とは別に処分費がかかりました。マットレスは、1枚1,000円程度。もし中にスプリングが入っていると、金額は跳ね上がるそうです。椅子は重さの割には安くて1,000円でした。トータルで3万円弱。この金額を見たときには、買うときにお金を払い、捨てるときにもお金を払うということに、すごく虚しさを感じてしまいました。

家1軒を片付けるのに100万円かかる!?

筆者が処分を依頼した業者さんの話では、家1軒を片付けるのに最低でも30万円、場合によっては100万円もかかってしまうそうです。処分費だけでも相当な額になりますし、片付ける人の人件費もかかります。また1日で終わらないケースもあるので、そうなると費用は膨らむばかり。それを聞いて、できるだけ物を少なくしておかないと、「片付け貧乏」になってしまうと思いました。

まとめにかえて

「片付け貧乏」を防ぐには、日常的に不用品を手放していく習慣を身につけるのが一番の方法だと筆者は考えています。一気にやろうとするから「大変だ」と思ってしまうのだから、「今日は本棚の一番上。来週は2段目」というように少しずつやればいいのです。幸い、どのサービスも使いやすくなっているので、難しい作業はありません。まずは今、目についたその不用品!それから出品をしてみてはいかがでしょう。
https://bit.ly/33j0FBi

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
   ありがとうございました