断捨離で人生リセットブーム
いつも応援ありがとうございます!
断捨離や片づけで人生をリセットする考え方は、
今や日本だけに留まらず世界的な潮流になりましたね。
そんな中、ある評論家は断捨離は自己啓発の一種であり、
神なき時代の倫理とも・・・
人は外に向かっての闘争よりも、
パーソナルスペースを仕様変更する方が幸福感を得られるようで、
そういったニーズが、ブームを作った背景かもしれません。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

「断捨離で人生に変化」=自己啓発の一種

 近年驚くほどの勢いで拡大している断捨離ブームは、このような自己啓発的な文脈を取り入れたメソッドとして、知らず知らずにわたしたちの日常に溶け込んできています。「お片付け」という何気ない行動から、「人生の大転換」へとつながるといった「レバレッジ効果」(テコの原理)のような分かりやすさが、あたかも現世利益的な信仰のごとく人口に膾炙(かいしゃ)した要因であることは間違いないでしょう。

ふたりからひとり ときをためる暮らしそれから [ 津端英子 ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

 片付けコンサルタントの「こんまり」こと近藤麻理恵氏は、「片付けをすることで、人生を変える」という「こんまりメソッド」を提唱したことで有名です。世界的な断捨離ブームの火付け役として不動の地位を得ており、アメリカの雑誌『TIME』の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたほどです。

見てわかる、断捨離 決定版 [ やましたひでこ ]
まさか、汚部屋を卒業できるとは。 [ ややこ ]   やせる収納 [ 梶ヶ谷陽子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

 「こんまりメソッド」の特徴は、「残すものを『ときめくかどうか』の基準で選ぶこと」だと言います。

 「片づけを通して自分の内面をみつめ、自分が大切にしている価値観を知ることで、二度と散らからない家をキープできるだけではなく、キャリアや人間関係など、人生における全ての選択において大きな変革をもたらします」(同氏の公式Webサイトより引用)

 一般的に、自分自身の能力を向上させることや、精神的な成長を目指すことを「自己啓発」と表現しますが、この「こんまりメソッド」は、「お片付け」という日常的な活動に少しばかり「テコ入れ」することで、「人生にダイナミックな変化」を与えて「ときめく毎日を過ごす」ようになるといった「自己啓発」の一種と捉えられるでしょう。

 しかも、「お片付け」=整理整頓という中立的な身体性から介入するため、世間に流布している「自己啓発のイメージ」に支配されるということがありません。しかし、例えば近藤氏の代表作『人生がときめく片づけの魔法(改訂版〕』(河出書房新社)には「家の中を劇的に片づけると、その人の考えや生き方、そして人生までが劇的に変わってしまう」と書いてあります。

 これが事実であればすごいことです。つまり「情報商材」のようなハードルを感じさせない、「お部屋からの革命」という洗練されたアプローチを確立しているのです。「自己啓発」としてまったく意識させない「自己啓発」といえるでしょう。

実は「人格改造」「性格改善」に相当!?

 近藤氏は、「片付けをしたあと、仕事も家庭も、なぜか人生全般がうまくいきはじめる」と結論付けています。

 要するに、「お片付け」が結果として「人間関係」の改善にまで波及するということなのです。ただし、その前提として、「片づけにおける正しいマインドを身につけ、あなたが『片付けられる人に変わるための方法』」(前掲書)とある通り、「正しいマインド」を習得することが不可欠です。「自己啓発」の文脈で言えば「人格改造」や「性格改善」に当たる部分です。

 確かに「マインド(精神)」が変われば、仕事や趣味、交友関係も当然その影響を受けるでしょう。「断捨離マインド」は「モノからヒトへ」と容易に移行するのです。もともと「変わりたいと思っている人々」が、駆け込み寺的に「お片付け」という手法の助けを借り、「人生をリセットする」といったケースはその最たるものでしょう。

いずれは「人生そのものの断捨離」も

 「モノのアイデンティティー」と「自己への回帰」のアンサンブルが奏でる断捨離ビジネスは、衰えるどころかすでにわたしたちの日常にすっかり定着しつつあります。自己の内面に潜在している「指針」と、ナルシシズム的な欲望を隠した「快適さ」の需要に応えるバイブルとして流通しています。この傾向は強まりこそすれ弱まることはありません。

 以上のような断捨離ビジネスの展望については、今後「お片付け」の分野にとどまるということはなく、より全面的な断捨離化が進む可能性が高いといえます。

 まさに「人生の断捨離」です。

 血縁関係の断捨離としての絶縁、消費生活の断捨離としてのミニマムライフ、終末医療の断捨離としての安楽死など、ありとあらゆる人生のステージを総合する断捨離メソッドが開発されれば大変な訴求力を持つと思われます。

 それが21世紀の養生訓となるか、あるいは葉隠となるか、肝心のダンシャリアンですら驚愕の未来が待っているかもしれません。
https://bit.ly/2sGFhJr

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
   ありがとうございました