責められる、ゴミ屋敷住人
いつも応援ありがとうございます!
某ライターさんがテレビ業界の行き過ぎに警鐘を鳴らしています。
近年のゴミ屋敷への取材は、
住人を怒らせることに主眼を置いている場合もあります。
そうするとショッキングな映像が撮れるので視聴率が上がるのでしょうね。
観ている視聴者にも問題があるのかもしれませんが、
まずは人権を尊重して、そこから取材を始めるべきかもしれせんね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

 少し前、何気なく朝のニュース番組を見ていたときのこと。その日の特集は「ゴミ屋敷問題」で、地域に迷惑をかけているゴミ屋敷の住人を直撃インタビューするという内容のものでした。

 ワイドショーがゴミ屋敷を取り上げるのはめずらしいことではありません。少なくとも、この日の放送を見て私は「またか」と辟易しましたし、みなさんも一度は目にしたことがあるのではないかと思います。

ふたりからひとり ときをためる暮らしそれから [ 津端英子 ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

「近所迷惑」だと、正義ヅラするリポーター

 結論から書くと、この「ゴミ屋敷問題」の特集には大きな違和感を感じざるを得ませんでした。ゴミ屋敷のインターホンを何度も鳴らし、住人の男性が取材を拒否しているにもかかわらず、リポーターがしつこく追いかけ、わざと怒らせる。耐えかねた住人がリポーターに怒鳴り、バケツに入った水を浴びせ、その様子を番組中に何度も流しては、コメンテーターたちの嫌悪感溢れる表情が映し出される。

見てわかる、断捨離 決定版 [ やましたひでこ ]
まさか、汚部屋を卒業できるとは。 [ ややこ ]   やせる収納 [ 梶ヶ谷陽子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

 これが、公共の電波を用いた「嫌がらせ」や「吊るし上げ」でなければ何だと言うのでしょう。どんな人権意識を持っていたらそんなことができるのか、「ご自身の行動が近隣の方の迷惑になっているって分かってるんですか」なんてどういう立場から言っているのか、とても理解ができません。

 確かに、ゴミを放置していることで悪臭が発生するなど、近隣住民の方に直接的な被害が出ているのは明白ではあります。彼らがゴミ屋敷の主に対して、何度となく対話を試みたであろうことも分かりますし、相当な不満が溜まっているのも想像にかたくありません。

 この場合、通常は行政があいだに入って、強制執行や強制撤去などの「行政代執行」の対処を取るなど、自治体からの解決策が用意されています。

ゴミ屋敷の裏に、精神的な病や孤立の可能性が

 ゴミ屋敷の住人は社会から孤立していることが多く、重大な問題を抱えていて、精神的な治療や支援が必要な状態であることも考えられます。本人が症状に自覚的でない場合、周囲の人が異変に気づくことで早期治療につながりますが、一人暮らしで地域との交流もなければ、重症化するリスクは高いでしょう。人と関わることを極度に恐れていたり、物を捨てることに強い不安を感じていれば、ゴミが溜まり、近隣住民との関係が悪化し、ますます誰にも頼れなくなる悪循環を形成するかもしれません。

 そんな中で、突然テレビカメラを抱えたスタッフたちから大勢で追いかけ回され、悪者だと責められ、好奇の目にさらされてしまうことは、一体ゴミ屋敷の住人にとってどれほどの仕打ちとなるでしょう。ともすれば、一生立ち直ることができないほどの深い傷を与え、今以上に人間不信に陥らせてしまうことも十分に考えられます。

 行政の介入による問題解決が可能であるにもかかわらず、はたして、テレビ局側が、取材を拒否している住人にしつこく詰め寄り、「ニュース番組」内でその映像を流してコメンテーターたちに批判をさせることに、一体何の意味があるのでしょうか。「報道の自由」の名の下では、いち個人の人権は軽んじても問題がないのでしょうか。

「怒り」を煽れば視聴率やシェア数につながる

 業界の知人に聞くところによれば、ゴミ屋敷問題の特集は視聴率が良いため、番組側が依存しがちな側面もあるようです。そうなれば、テレビ制作会社だけではなく、情報の受け取り手である私たち大衆を含めた社会全体のリテラシーや、人権意識の底上げが必要になってくるように思います。

 テレビ番組がゴミ屋敷の住人を「悪者」だと扱い、過激なシーンをくり返し放送すれば、視聴者の「怒り」の感情を簡単に扇動することが可能です。「怒り」は原始的な感情であり、激しい力やストレスを生み出す性質があるため、怒りを感じると自然に「この怒りをどこかにぶつけたい」という欲求が生まれます。視聴者は、ゴミ屋敷の住人が怒鳴ったり、リポーターに水を浴びせる姿を見て感じた怒りや、ストレス発散の場所を無意識に探す、というわけです。

 この欲求が極限まで上がりきったところで、今度は番組のコメンテーターたちが自分の怒りを代弁し、言語化してくれる。すなわち、一瞬にして作られた怒りの感情を発散させることで、視聴者はスッキリした気持ちになり、手軽に「快楽」を味わうことができるのです。

 同じ仕組みですが、ネットの記事などにおいても、わざと怒りを誘うようなタイトルを付けて閲覧数やシェア数を稼ごうとする媒体は、少なからず存在しています。大衆の怒りを刺激することは簡単で、かつ効果が高いことをメディア側が知っているからです。私たちが日々、膨大な情報が目に飛び込んでくる社会に生きるうえで、「怒り」の感情に流されやすいことを知っておくのは、非常に重要なことではないでしょうか。
https://bit.ly/34w3mju

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
   ありがとうございました