汚部屋は汚肌
いつも応援ありがとうございます!
汚部屋=汚肌の法則があるようです。
身なりの汚らしい人は全てが汚らしいので、
汚部屋に住んでいるのなら、お肌が汚れて当然かもしれません。
肌と汚部屋の関係を論理立てて解説してくれています。
ハウスダストなどの原因物質、心の乱れなど、
環境や心身の内なる乱れは、お肌に出てくるようですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]
汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]   断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]

「汚部屋」は、呼んで字のごとく汚い部屋のこと。そして「汚肌」は肌荒れをしている、少し汚い肌のことです。乙女であればどちらも該当したくないものですね……。

公式本 ウチ、”断捨離“しました! [ やました ひでこ ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

しかしタイトルであげた通り、汚部屋の人は汚肌であり、逆に汚肌の人は汚部屋である可能性が高いといわれています。「そんなの迷信でしょ」「ただのイメージなんじゃないの?」と思ったあなた。実はこれを裏付ける、確かな理由が存在しているのです。

本記事ではこの関係性を論理的に、そう、ロジックとして解明していきます。美容に敏感な女子は必見です!

ゴミと呼ばれて 刑務所の中の落ちこぼれ [ 中林和男 ]
ごみ育 日本一楽しいゴミ分別の本 [ 滝沢 秀一 ]   28文字の片づけ [ yur.3 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

ロジックその1:汚部屋には肌荒れの原因物質がたくさん
長らく掃除をしていない部屋には、床や机にうっすらとホコリがたまっていきます。このホコリのうち、とくに1mm以下の非常に小さいものを「ハウスダスト」と呼ぶのです。ただし「ハウスダスト」のなかには外から入ってくる「カビ」や「花粉」などの物質も含まれるので、どんなに掃除をしている部屋でも一定量は必ず存在しています。

そんなハウスダストを吸い込んだり、肌に付いたりすると、体内の免疫システムによってアレルギー症状を引き起こしてしまうおそれが。たとえば「ぜん息」や「目のかゆみ」、そして「肌の炎症」などもアレルギー症状の代表です。炎症ではかゆみを伴うことも多く、爪でかいてしまえば傷跡が顔に残ってしまう、なんてことも……。傷跡だらけのお肌では、決して「きれいな肌」とはいえませんよね。

また、アレルギー症状がない人でも別の問題が!じつはハウスダストは肌の表面に付着して皮脂と混ざり、毛穴の汚れにつながることが考えられます。毛穴が黒くポツポツ目立つ、いわゆる「いちご鼻」になってしまったり、毛穴詰まりが原因でニキビができてしまったりと、毛穴の汚れは悪いことばかりです。

ロジックその2:汚部屋になる生活習慣
「部屋の乱れは心の乱れ」、そんな言葉を聞いたことはありませんか?掃除がご無沙汰で散らかっている部屋は、そのときの家主の心理状態をも表すといいます。

「疲れているから」「めんどくさいから」「後で必ずやる」
そのような感じで、ついつい掃除以外のことも後回しにしていませんか?

枕カバー・シーツなど肌に直接触れる寝具の定期的な交換、そしてきちんとメイクを落として眠りにつくことは、トラブルのないキレイなお肌作りへの第一歩です。掃除をする余裕もないほど心が乱れているなら、肌のケアまでないがしろになっているおそれは高いでしょう。

これが2つ目の「汚部屋=汚肌」の法則が成立してしまう理由なのです。
http://exci.to/2PBM5RB

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
   ありがとうございました