散らかって、汚部屋一直線
いつも応援ありがとうございます!
狭小住宅3階建てに住む雑誌ライターさんが、
散らかる部屋の特徴を5つ挙げています。
これをしないと汚部屋一直線のようですね。
狭い家こそ「汚く見せない=スッキリ」が大事なようです。
我が家はいつも衣類が散らかっているんですよね。どうしましょ。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]
汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]   断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]

特徴1:服の量が多い

服を買った後に同じようなデザインを持っていた!という場合は自分の衣類が管理できていない証拠。人間の体は一つだけ。そんなにたくさんの服は実は必要ないんです。

公式本 ウチ、”断捨離“しました! [ やました ひでこ ]
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]   捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

服はアイテムごとに分けて入る量だけを持ち、クローゼットやチェストの中に全て収めましょう。一目でわかる収納は、コーディネートがしやすいだけでなく無駄な買い物を防止する効果もあるんです。

特徴2:「いつか着るかもしれない服」がある

体型が変わって着れなくなった服。高かったけど何となく着ない服。着心地の悪い服。

そんな衣類をいつまでも保管していませんか。これらの衣類は今後着る機会は殆どないでしょう。痩せたら着たいと思っている服は、本当に痩せたところで加齢や流行の変化で似合わないことも。痩せたご褒美で新しい服を買ったほうがきっと楽しいはず。

ゴミと呼ばれて 刑務所の中の落ちこぼれ [ 中林和男 ]
ごみ育 日本一楽しいゴミ分別の本 [ 滝沢 秀一 ]   28文字の片づけ [ yur.3 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

特徴3:洗濯のあとに畳んでいない

洗濯物の山から着る服を探していませんか。終わった洗濯物を床に置きっぱなしにしていると再度汚れがついたりシワになったりしてしまいます。

自分でも洗ったか洗っていないかわからなくなり非効率的。逆に無駄な時間やエネルギーを要します。

特徴4:服の一時置きを設置していない

一度着たけど洗わない服の定位置をつくりましょう。すると椅子の背もたれやベッドに無造作に置かれることもなくなります。

クローゼットの中にコーナーをつくったり、かごやケースに入れてまとめておくと散らかりません。

特徴5:いつもセールで服を買っている

人はお買い得なものにとても弱いですよね。セールだと値段に意識がいきがち。そして雰囲気に影響されてそこまで欲しくない服を値段だけで買ってしまう傾向があります。

そういった衣類は思い入れがないので忘れられやすく、コーディネートもしにくいのでタンスの肥やしになりがちなんです。いかがでしたか。服のせいで部屋が散らかってしまう人の特徴を5つご紹介しました。

衣類はどうしてもゴチャづきがちで、汚部屋に見えがち。スッキリとしたお部屋に見せたい!というかたは、1つずつ試してみてくださいね。クローゼットやチェストを開けたときにお気に入りの洋服ばかりだと、とても気持ちがいいものですよ!
https://bit.ly/2PFzVXN

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 ブログランキング・にほんブログ村へ  ありがとうございました