貯金したかったらモノを捨てる
お金を貯めたかったら、家の中のモノを減らすべきだそうですよ。
スッキリ暮らすことが貯まる体質への早道のよう…
家にモノが多いのはお金を使っている証拠です。
あれも1000円、これも1000円、
あれは1万円、これも1万円…
我が家も使いもしないモノに随分とお金を使いました。
反省しながら捨てたいと思います。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

お金を貯めることを思い立ったら、まずはモノを減らしてみる

お金はすぐには貯まりませんが、モノを減らすことは意識を変えれば今すぐに実行できるはず。それぞれの「捨てどき」を見極めて限られたモノのなかでスッキリ暮らすことで自然とお金が貯まる体質になるはずです。

お金が貯まることとモノが少ないことの関係
モノが少ないとお金が貯まる主な理由は次の2つです。

ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
洗たくマグちゃんプレミアムブック [ 横田邦信 ]   しない家事 [ マキ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

(1)モノの管理ができるのでムダな買い物がなくなる

手持ちのモノが少なければ、自分が何を持っているのか、家に何があるのか把握するのが簡単になります。その結果、ダブリ買いや余計な買い物がなくなります。

たとえば、クローゼットに服がギューギューに詰まっていると、自分が持っている服を把握するのが難しなります。買った服がクローゼットの奥に紛れ込んでしまい、同じような服をまた買ってしまうことも。クローゼットに服はたくさんあるのに整理できていないから、着たい服が見つからず、「着る服がない! 」とさらに買ってしまうこともあるはずです。

老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]
汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]   断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

一方、クローゼットを開くと、手持ちの服が全部見渡せるくらいの数しか持たない人は、今日着たい服がすぐに見つかり、コーディネートして着まわすことができます。そのため、次から次へと新しい服を買うことがありません。

また、貯めている人は日用品や調味料などのストックをほとんど持ちません。ストックは持たず、今使っているモノがなくなりそうになってから買いに行きます。

たとえば「ティッシュボックスは最後の1箱を開封したら」「トイレットペーパーは残り1個になったら」と新しいモノを買うタイミングにルールがあり、そのタイミング以外は安売りしていても惑わされることがありません。

(2)モノがある=お金を使った証拠

タダでもらうモノもありますが、大半のモノはお金を出して買ったモノです。今さら言うまでもないことですが、モノとお金を交換しているということです。家の中にたくさんモノがあるということは、それだけお金と交換した証拠。家の中にモノは入ってきましたが、その分、お金が出て行ったということです。お金に出て行かれては、お金が貯まるわけがありません。

貯めている人全員が最初からモノが少なかったというわけではなく、もともとはモノが多かったものの、処分して減らしたという人も少なくありません。売れるモノはまだいいですが、捨てるしかないモノを処分するときには、少なからず心が痛むものです。その痛みを経験することで、次に買うときに慎重になり、財布のヒモが固くなります。衝動買いやストレス買いでムダなお金を使わなくなるというわけです。
https://bit.ly/2ZOJ8mo

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  ありがとうございました