片づけ下手、あるある
耳が痛くなる「片づけ下手の人」あるあるです。
言い訳ばかり・チャレンジしすぎ・捨てる詐欺・学ばない、
すぐ収納を増やそうとする…まるで私だ!
言い訳せずにコツコツ片づけ、有言実行で失敗から学び、
収納を増やす前に先ずは捨てる…
こうすれば大丈夫なんですよね。
文字にはできますが、実践するのが難しいです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) [ 露木幸彦 ]
知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすい お金の教科書 [ 深田 晶恵 ]

1.言い訳の天才
「だってこれはいつか使うかもしれないから」
「これは○○がくれたものだから」
「夫が捨てられない人だからいつまでも片づかない」

持つ理由や片づかない原因を責任転換していることはありませんか? 

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

2.難易度の高いことから挑戦しがち
例えば、片づけの達人を見習って、

・本通りに実行する
・収納を同じものできれいにそろえる
・収納用品は真っ白にする

などと真似しがちですが、片づけ下手さんがそれをすると挫折することが多いです。

なぜなら、生活スタイルや価値観もさまざまですし、それ以前に持ち物を把握できていない場合が多いからです。

まずは、要不要を判断し、適量や持ち物をひとつひとつ把握することから始めます。
自分の理想の生活スタイルや好き嫌いを書き出して把握することも大切です。

老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]
汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]   断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

3.捨てる捨てる詐欺をしがち
「これは捨てるだけ」
「これはフリマアプリに出して売れたら手放すだけ」
といって数カ月経っていませんか? 

誰に迷惑をかけるわけでもありませんが、それを見るたびに「いつか捨てよう」と考えている時間こそが大きなロスです。

そういう積み重ねが、片づける気力すら奪っていきます。
手放すと決めたものは潔く手放し、次のステップへと進みましょう。

4.失敗から学ぼうとしない
手放しても、また同じようなものが入ってきては意味がありません。

「なぜこれは捨てる結果になってしまったのか?」
と問えば、妥協して選んだから、安かったから、飽きたから、デザインだけで選んで使いにくかったから…など、さまざまな理由が出てくると思います。

また同じ買い方をしないためにも、入りの失敗を防ぐ努力もすべきです。

5.ものが増えたら収納を増やしがち
片づけ下手さんには減らす発想があまりありません。
減らそうとしても、基準がブレているので「どれも必要」と判断してしまいます。

収納を増やすということは、空間が占領されるだけではなく、さらに管理手間や整理の時間が倍増することにも繋がります。

片づけ下手さんこそものを減らし、ざっくり収納ができるほどの物量にしたり、散らかるスピードを抑制する努力をしましょう。
https://bit.ly/33e1zTf

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  ありがとうございました