見栄晴の実家
萩本欽一さんに起用されてから人気者になった見栄晴さん。
母は飲食店を切り盛りし、女手ひとつで彼を育ててくれました。
テレビ番組で母が住んでいた実家のゴミ屋敷を片付けることに…
すべてプロの業者に任せ、不用品の搬出を終えました。
母に借金の肩代わりをさせたり駄目な息子のようですが、
愛情いっぱいの親子だったようです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) [ 露木幸彦 ]
知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすい お金の教科書 [ 深田 晶恵 ]

◆プロの作業は8時間2トントラック3台分に

作業は全部で8時間、運び出した荷物は、2トントラック3台分になりました。金額は、見積もりでは約43万円だったんですが、ブランドのバッグとか大島紬の着物など、値段のつくものはその分を値引きしてくれて。最終的には30万円くらいでした。

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

よくもまあこんなものを、というものがたくさん出てきましたよ。ほとんどが僕のものだった。小中高校のすべての学年の成績表、教科書、昔の台本、雑誌の切り抜き、膨大な量の写真、ビデオテープ、事務所の社長からいただいたヴィトンの鞄は新品のまま、高校生のときにファンの人からもらった手編みのセーター、小さい頃に集めていた切手、なぜか昔の彼女にもらった手紙もあったな。なんでおふくろが持っていたのかわからないけれど(笑)。

老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]
汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]   断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

大きいものでは、小学生のときから使っていた学習机とベッド、本棚。おふくろの持ち物は洋服が結構あって、あと着物、それから桐のタンス。

雑然と詰め込まれた荷物の中から、脈絡なく思い出の品が出てくる。自分で片づけていたら、いるいらないの判断がなかなかつかなかっただろうと思います。遺品に思い入れのない第三者に入ってもらったことで、「どうします?」と聞かれたとき、その場で客観的な判断をつけなくてはならなくなり、能率がものすごく上がりました。

実家を手放す? 考えたこともないです。1階の生活スペースはおふくろが晩年に使っていたベッドや、コップや茶碗などもそのまま残っていて、完全に生活できるようにしてあります。仏壇もあるし、なにより、おふくろとの思い出がそこにある。あ、それからお酒も。

今も週末は必ず通っていて、ここは息抜きの場所になっていますね。いつかこの家を建て直して、仏壇の置き場所もつくって、きれいにしてあげられたらいいなあ。それが目下の夢なんです。

叶うなら、おふくろに聞いてみたいことがあります。それは、一緒に過ごした50年間がどんな月日だったのか。お母さん、あなたの息子として、僕はどうだったのですか? と。亡くなって3年経つ今も、いつも考えていますね。
https://bit.ly/2CoPeAM

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  ありがとうございました