段ボールは害虫の住み処
ネット通販で買い物をすると殆どがダンボールに入ってきます。
この外装のダンボールが曲者なんですよね。
住生活ジャーナリストが注意喚起していますが、
実はダンボールは害虫が大好きな棲み処。
私は虫が苦手なので、ものすごく注意して処分しています。
届いたらまず殺虫スプレー、その後はベランダで天日干し。
大量発生だけはどうしても嫌です。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) [ 露木幸彦 ]
知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすい お金の教科書 [ 深田 晶恵 ]

インターネット通販で届く荷物に段ボール箱はつきものだ。そのまま放置すると、害虫のすみかになってしまう場合があるという。

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

■湿度高い環境で 爆発的増殖招く
問題は置き場だけではない。段ボールをねぐらにして増える害虫がいるのをご存じだろうか。代表的なものは、チャタテムシとゴキブリだ。箱状のままでも、潰して重なり合った状態でも、その隙間に潜む。

配達前に段ボールが置かれている倉庫などから一緒にやってきたり、卵が産み付けられたりしている。長期間保管していると産卵、ふ化までして爆発的に増えることがありうる。

チャタテムシは、一般的になじみが薄いかもしれない。だが、ごく普通の家庭でもよく発生する虫だ。体長が成虫でも1ミリ程度と小さい。見えたとしてもダニと間違えられやすい。

老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]
汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]   断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

段ボールも風通しが悪く、湿気のこもった部屋で保管していると、カビが生える。その結果、チャタテムシの大発生を引き起こしてしまうことがある。コロナ禍の今はあまり考えられないかもしれないが、長期間旅行して家を留守にしたときなどは特に注意が必要だ。

一方のゴキブリは玄関などから侵入し、台所や浴室など温かく、湿った場所に潜む。アース製薬の生物研究課課長、有吉立さんによると、段ボールのように厚紙が層をなしている場所はもともとゴキブリのすみかになりやすい。「湿り気を帯びると、ゴキブリにとってはより好環境になる」という。

では、どのように保管すれば、チャタテムシとゴキブリの発生や増殖を防げるのだろうか。大原則としては、段ボール箱を長期間ため込まないようにすることが重要だ。段ボールを再利用し、収納などに使うのも避けたい。

使用済みの段ボールはなるべく速やかに古紙収集日に家から出すようにしよう。雨風にさらされるベランダやガレージなどに保管することもあまりおすすめできない。
https://bit.ly/2ZUGR8G

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  ありがとうございました