散らかり放題の部屋を、キレイに
どこから手を付けたらいいのかわからないほどに、
散らかり放題になった部屋…呆然としますよね。
散らかり放題の部屋を、キレイにする3つのコツがあるそうです。
「なにから始めればいいの…」と困ってしまったら、
まずは小さいスペースから始めるといいようです。
片づけてくうちに冷静にはなれるかも。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

散らかり放題の部屋をキレイにするコツを、聞いてきました。

(1)まずは小さな場所から

「どうしたらいいのかわからないくらいに散らかったときは、全体を見ないことが大切だと思います。散らかった部屋全体を片づけなくちゃ! と思うと、終わりが見えずにやる気がしぼんでしまうので…。

まずは小さな場所から、少しずつ整理していくといいですよ。この引き出しの中だけ! とか、洗面台周りだけ掃除しよう! とか。一か所がキレイになると、やる気に火がついて他のところもやってみようと思えるかもしれないし。

2・続き 先頭
ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]
捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

(2)詰め込んで終わりはNG
「とりあえず引き出しや棚に詰め込んで終わり! は、本当にやめたほうがいいと思います…。パッと見ると整理されているようでも、適当にしまい込んだだけなので、またすぐに散らかってしまうんです。

とりあえず引き出しに入れた物って、片づける定位置が決まっていないので、いつの間にかまた散乱しているんですよね。

考えなしに放り込むので、どこになにが収納されているのか自分でもわからず、探し物をする頻度も増えます。

ごみ育 日本一楽しいゴミ分別の本 [ 滝沢 秀一 ]
ゴミと呼ばれて 刑務所の中の落ちこぼれ [ 中林和男 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

(3)カゴや箱を活用
「散らかりがちな物を収納するカゴや箱を活用するようになってから、整理された状態が続くようになりました! ヘアゴムやピンを入れておくカゴや、靴下だけを入れておく箱など、物の種類ごとに分けるだけです。

物の定位置が決まるので、床や机の上に放置して散らかっていくことを防げるんです。それまでは、物と物の空いているスペースに、さらに物を詰め込んでいたんです。

散らかった部屋をすべてキレイにしようとすると、労力を想像して気持ちが萎えてしまうかもしれません。
http://exci.to/2RJc1Lz

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
   ありがとうございました