「捨てる」とラクになる
著名なミニマリストが上手にモノを減らすコツを教えてくれています。
「捨てる」と暮らしがラクになるそうですよ。
モノを使い切ることに主眼を置き、
捨てるかどうか迷ったら飾ってみる…
これは良い方法かもしれませんね。
私なんかは迷ってばかりで捨てられない子ですから。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

ミニマリストのメリット・断捨離のコツとは
家の中にモノが多すぎる、きっと捨てたほうがよい。それはわかっているけれど、捨てる勇気は出ない。そんなふうに「捨てる」「捨てない」を迷ったとき、いったいどうすればよいのでしょうか?

断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]
ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

上手に「捨てる」ための習慣2つ
「モノを捨てる」ことにフォーカスすると、「もったいない」「まだ使える」「いつか使うかも」と「捨てたくない理由」を探してしまいがちです。そこで、いったん「捨てる」ことは置いておいて、今すぐにできることを2つご紹介します。

▼1:家のあるものを使い切る
モノは使って初めて満足感が出ます。「どれだけ使い倒せるか」がポイントなのです。家の中にまだ封を切っていないモノはありませんか? それらを開けることからスタートしてください。

ラッピングをした状態だとステキに感じるモノも、ひとたび開けてみると印象が変わる場合もありますよ。こうすることで家の中のモノを減らしていき、空間を確保しましょう。

▼2:外から家の中にモノを持ち込まない
次に、むやみに家の中にモノを持ち込まないことを心がけます。自分にとって必要のないDMやお店でもらう粗品などを極力手に取らないようにするとともに、目を通すだけで済むものは玄関で処理するために玄関にゴミ箱を設けたりしましょう。郵便物を開梱するためのカッターナイフやガムテープを用意するのも手ですね。

まずは、この2点を意識して集中的に行ってみませんか? するとやがて、普段の買い物のペースが減っていくでしょう。家の中にあるものを使い切っていくことで出費を抑えるとともに、捨てずとも家の中からモノが減っていくことを体感できます。

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

捨てるかどうか迷ったとき、どうする?
モノを手放すかどうかを迷ったときに筆者が必ずやっているのが、以下の2つ。

1:実際に使ってみる

2:飾ってみる 

特に「思い出の品」「高かったから捨てられないモノ」に関しては、飾ってみると自分の価値観がたちまちはっきりとします。

飾ってみると「う~ん、飾るほどでもない」と腑に落ちることも。その瞬間にモノへの執着が消えていくのを実感するはずです。

ミニマリストによるモノの手放し方まとめ
ミニマリストによるモノの手放し方をご紹介いたしました。

モノを捨てられない人の中には、「この思い出を忘れたくない」というためにモノを残している方もたくさんいらっしゃいます。

ところが、意外なことに、「思い出の品」「高かったもの」は手放した方が記憶に残るんですよ。持っていてもその存在を忘れていては持っている意味がありません。本当に記憶に残したいと思うのであれば、ぜひ手放すことを考え、その前にしっかりと使い切ってあげてもらえたら、と思います。
https://bit.ly/36hoMFs

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ  ありがとうございました