お金の終活、財産の整理
親や配偶者の金融口座や財産を把握していますか?
この先ペーパーレスが更に進みます、
恐らくは多くのデジタル口座が埋没してしまうんでしょうね。
10年以上も取引のない休眠預金は毎年700億円あるそうですよ。
自分たちのお金は自分たちで守るしかありません。
お金の専門家である大学教授が勧めてくれていますが、
資産の一括表みたいなものを作っておく必要があるようです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

「終活(死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備)で重要なのは後に残る人の立場で考えること」と書いた新聞記事があった。そして終活の意向がある20~60代に聞いた調査では「財産整理」「加入保険の整理・見直し」などが上位に入ったという。

ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]
捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

 自分の親を看取った経験のある人はわかるだろうが、亡くなる前に親の財産をすべて把握しておくことは簡単ではない。親や配偶者がどんな資産を持ち、どこの金融機関と取引しているのか知らない人も多いだろう。そういう状況で親や配偶者が亡くなると困る人も少なくないはずだ。そこで考えておきたいのが「お金の終活」だ。

 元気なうちに、銀行の預貯金や証券会社の投資商品、不動産などをリストアップして、必要に応じて整理・集約しておくことが望ましい。80代にもなれば、自らが認知症を発症する可能性もあって、自身でも財産の管理が困難になることもある。ましてや相続人である配偶者や子供たちにはわからない。

 また新たな課題として、金融機関に預けているネット資産、電子マネー、暗号資産(仮想通貨)などの相続が新たな問題として浮上している。最近は高齢者でもネット銀行やネット証券を利用している人は私の身の回りにも少なくない。

ごみ育 日本一楽しいゴミ分別の本 [ 滝沢 秀一 ]
ゴミと呼ばれて 刑務所の中の落ちこぼれ [ 中林和男 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

 内閣府・金融庁の資料によると、10年以上にわたり預金者などが名乗りを上げないままとなっている休眠預金などは、払戻額を差し引いても、毎年700億円程度にものぼる。その預貯金額を社会事業に生かす「休眠預金制度」が2019年1月から始まっている。相続されないまま放置された預金もこの中には多いはずだ。

 銀行員に聞いてみると、ネットの預金口座では相続人がデジタル資産の存在を知らないという問題が生じているそうだ。またある証券会社の担当者は、90歳を超えて取引が行われていないネット口座を見ると、「もう亡くなっているのだろうな」と想像することがあるという。しかし金融機関の側からは連絡しないので、本来は自分の財産なのに相続人が請求できなくなるというリスクは残っている。私の取材でも夫婦や家族で常日頃から財産のことを開示している家庭は少数である。

財産の全体を整理したものをノートなどに作成しておく意味合いは大きい。各金融機関や証券会社に預けている預貯金や株式、投資信託の残高を定期的に記載すれば足りるので手間はかからない。また住宅ローンやその他の借財などの負債額もわかる。

 この一括表を含めた資料は1カ所にまとめておくとよいだろう。銀行の預金通帳や証券会社からの保有財産一覧表、マンションの登記簿、保険証券などを専用の1つのカバンの中に入れておいて、「自分に何かあったときにはここを見ればよい」と家族に伝えておくという手もある。こうしておけば、万一自分に何かあった時も後に残る人は大丈夫だろう。自らの財産を整理することは、終活にも効果を発揮するのである。
https://news.infoseek.co.jp/article/00fujiecn2010130001/

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました