夫が汚すぎて、離婚
夫婦でも衛生観念は違いますよね。
一般的にいうと男性は無頓着で女性は神経質…
逆の場合も多々ありますが、生活を共にするには厳しいかも。
コロナ禍の自粛期間でパートナーの欠点が見えてしまい、
離婚に踏み切った女性の話です。
相手の悪いところが気になると同じ空気を吸いたくなくなります。
私も経験があるかな…


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

ズレていたのは衛生観念だけではなかった……
風花さん(29歳・仮名)は結婚3年目にして2020年秋に離婚。

「一種の“コロナ離婚”ですね。コロナが無かったら、不満は持ちつつも離婚までには至らなかったかも」

風花さんによれば、離婚の原因は夫との生活習慣の違いでした。

断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]
ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

「とにかく彼は、衛生観念が低いというか、清潔に対する意識が低すぎるんです。以前から、食事前に手を洗わなかったり、寝る前に歯磨きをしなかったり。あるいは道路や地面に座ったジーンズでそのままソファーやベッドに寝転ぶとか、不潔だな、嫌だなと思うことは何度もありました。私も気になるたびに『ちゃんと手を洗って』とか『先に服を着替えて』とか注意をしていたのですが、なかなか本人の意識は変わらず、あきらめていたところもありました。でもコロナ禍でちょっと考え方を改めました」

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

今回のコロナ禍では接触感染、飛沫感染を避けるために、手洗いや衣類の洗濯、接触箇所の除菌が推奨されましたが、風花さんの夫は相変わらず衛生観念が低いまま。一方で高齢者介護施設に勤める風花さんは、特に厳重に感染予防をしなければいけない立場にあり、自分が職場にウイルスを持ち込むことがないように、毎日細心の注意を払っていたそうです。

「夫とは何度も話し合いの機会を持ち、自分たちの感染予防というだけではなく、私の仕事上でも厳重な感染症対策をする必要があると伝えたんですが、彼は一向に自分の生活習慣を変えようとはしませんでした。私一人で一生懸命家のドアノブ等彼が触れるところを消毒するなど、ウイルス対策をしていたのですが、たまりかねてある日、『ちょっとは私の仕事のことも考えてよ!』と怒鳴ったんです。そうしたら『自分が好きでやってる仕事でしょ? 何で俺が協力しないといけないの? そもそも俺が働いてくれって頼んだわけじゃないし』と言い返されて、これはもう終わった、と思いました」
https://news.infoseek.co.jp/article/allabout_46587/

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました