帰省したら、母がゴミの中
新年、おめでとうございます。
またひとつ無駄に年齢を重ねてしまいました。
老いは誰にでもやって来るものですが、
今、ゴミ出しができない高齢者が問題になりつつあります。
これまで「普通に出来ていたこと」が困難になるのが老い。
帰省したら我が親の生活環境に驚く人が多いとか。
ゴミ部屋で暮らしていると認知症も疑われます。
早めの対処が良さそうですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

年を重ね、身体機能や認知機能が衰えることにより、ゴミ出しができず、家にため込んでしまう。そんな“ゴミ出しができない高齢者”が問題になっている。

断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]
ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

環境省は’19年にゴミ出し支援に関する全国調査を実施。回答を得た1,648市区町村のうち、ゴミ出し支援を行っているのは23.5%だった。回答した自治体の87.1%が「高齢化でゴミ出し困難な住民が増える」と危機感を抱く。

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

60代のA子さんは、半年ぶりに帰省した際の経験をこう語る。
「当時83歳の母は、山梨県で一人暮らし。電話はよくしていましたが、いつも『元気。大丈夫』というだけ。ところが、実家を訪れたらゴミだらけ。掃除もできておらず、部屋をネズミが走り回っていました……。母は腰痛がひどく、何カ月もゴミが出せていなかったのです」

50代主婦のB子さんも同様の経験を語る。
「昨年母が亡くなり、80歳の父が一人暮らしに。3カ月ぶりに父の元を訪れると奥の和室にゴミ袋の山が! 父は母に家事をまかせっきりだったので、ゴミ出しをしたことがありませんでした。そのため分別がうまくできず、『出し方が違う!』と、近所の人が玄関前にゴミ袋を戻しに来たんだそう。それからゴミ出しが怖くなり、できなくなってしまったのです」
https://bit.ly/2IRgP0v

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました