ゴミに埋もれた中高年の引きこもり
ニュースで「中高年の引きこもり問題」が取沙汰されています。
ありがちなのが、ひきこもりの汚部屋。
親が世話をしてくれるのですが、
ひきこもり本人の生活空間には入れないようですね。
一つ屋根の下で暮らしていても何年も顔を合わせてないとか…
親が生きているうちはまだいいのですが、
もし親が逝ったりすると・・・悲惨な結果になるようです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

昨今メディアで注目されるゴミ屋敷。ゴミ屋敷につながるケースとして注目されるのが高齢化した親と“ひきこもり”の子が50代を迎えた「8050問題」だ。

断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]
ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

「世話をしてくれる家族が亡くなると、引きこもりの子は社会的に孤立します。その結果ゴミ出しもままならず、ゴミ屋敷へとつながるケースもあるのです」

「親が若いうちは、身の回りの世話を親が行ってくれますが、その親に介護が必要となったり、高齢者施設に入所したり、亡くなったりしたら誰が面倒を見るのでしょうか。食事の用意はできても、ゴミ出しは経験がなくできないという人は意外と多いのです」

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

長く引きこもっていた人の中には、親の死がきっかけでセルフネグレクトに陥るケースもあるという。セルフネグレクトとは、消極的に自分を放置・放任することで徐々に自らの健康や安全が損なわれて行くことを指す。前述の番組内での事例も、セルフネグレクトの一例と考えられる。

「病気になっても病院にいかない、ということがあるセルフネグレクトにおいて、ゴミ出しをしないのはある意味当然。しかし、ゴミが出せなければ家の中にゴミがあふれ、悪臭やネズミ、害虫が発生し、健康を損なっていきます。長く引きこもっていた人にとっては、外に出て誰かと交流することは大変勇気がいることのため、支援を拒む人も多いのです」

「ゴミ屋敷化」を引き起こす原因は、高齢化や孤立、地域や家族の崩壊と様々だが、いずれも現代の私たちが抱える問題。「ゴミ屋敷」は決して他人事ではないのだ。
https://bit.ly/2LYb8iu

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました