掃除嫌いが陥る3つの罠
苦手ながらも一生懸命掃除した部屋を、
家族に一気に汚されたり散らかされたりすることに、
無性に腹が立って仕方ない経験ありませんか? 
今回は、二児の母である整理収納アドバイザーさんが、
掃除嫌いな方が陥りやすい罠に解説しています。
掃除を一気にやろうとして数種類の洗剤を買い漁り、
一人で抱えてどうしようもなくなる…まるで私のことです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

1、掃除を一気にやろうとする
汚れは使っているうちに日々蓄積されていきます。
特に、洗面所、トイレ、お風呂、キッチンなど水回りは汚れやすいところ。掃除をするのがめんどくさいので汚れを見て見ぬふりして過ごすこともよくありました。
そして汚れが溜まれば溜まるほどやる気もダウン。そんな負のスパイラルから抜けるためにこまめに掃除をすることにしました。
洗面所には、マイクロファイバークロスを置いて使った後の水滴を拭きとる。トイレは一日一回トイレットペーパーとアルコールでサッと拭き掃除。お風呂も排水溝にたまったゴミは毎日取って、お風呂に入る時についでに掃除。
こまめにやることが掃除のめんどくささを回避する最大のポイントでした。

ゴミ清掃員の日常 [ 滝沢 秀一 ]
捨てられない人のラク片づけ [ 小川奈々 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

2、洗剤や道具を揃えまくる
お店に行くといろいろな洗剤が売っていたり、インターネットでもあふれるぐらいお掃除に関する情報がありますよね。

わたしも掃除嫌いで「この洗剤を使えばきれいになるかも」「この掃除道具使いやすそう!」という理由で様々な洗剤や道具を揃えてきました。しかし使ってみても汚れが落ちにくかったり使いにくかったり、しまい込まれてしまったモノもたくさんありました。
使わないモノに収納スペースを取られ、無駄にお金を使ってしまっていました。

現在、オキシクリーンとクエン酸、セスキ炭酸ソーダをメインに掃除に使っています。ほとんどの汚れはこれで落ちます。ほかにも補助的に何種類かの洗剤も持っています。

ごみ育 日本一楽しいゴミ分別の本 [ 滝沢 秀一 ]
ゴミと呼ばれて 刑務所の中の落ちこぼれ [ 中林和男 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

3、一人で抱え込むこと
おうちは家族みんなの過ごす大切な場所。だからこそ清潔に、気持ちのいい空間でありたいと思います。
以前は自分一人でやらなければならない、わたしは家庭を守る主婦だから自分の責任で掃除をしなければならない、と思い込んでいました。

今は子どもたちも少しずつ掃除のやり方を伝え、家族の一員として参加してもらっています。子どもはママが楽しそうに掃除をしていると、まるで遊ぶように楽しんで一緒にやってくれますよ。
そして家族みんなが手に取りやすい場所に掃除道具を配置したことで、主体的に掃除してくれるようになりました。
特に年長の息子は「あ、汚れているところ発見!」と言って、階段に吊るしたミニほうきとちりとりを出してきて、ササッと掃除してくれるようになりました。家族で一番のきれい好きです。
https://bit.ly/3iRNPTO

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました