50代からの終活、片づけ5つのルール
終活ってしていますか?
早い人は40代から始めるとか聞いたことがあります。
ミニマリストならもっと早くからかもしれまんが…
50代からの片づけなら40代でも大丈夫ですよね。
5つの「べからず」ばかりなので、取り組みやすいかもです。
来るべき終活に向けて今のうちから準備しようかな。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

「50代は、まだまだモノが増えがちな年代。そこをあえて減らしていくのは難しいと思います。例えば洋服なら、1着買ったら1着捨ててみてはいかがでしょうか。それなら、減らないまでもこれ以上増えません」

【終活を意識した片づけ5つのルール】

一、一度に片づけようとするべからず
老前整理は、これからの人生を考えて進めなければならないため、かなりのエネルギーを要する。一気にやろうとすると疲れて挫折する可能性が大きい。気負わずに始め、毎日の習慣になるよう、少しずつ続けるのが理想的だ。

50歳からラクになる人生の断捨離 [ やましたひでこ ]
人生ノート [ 美輪明宏 ]   母は汚屋敷住人 [ 高嶋あがさ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

二、完璧を目指すべからず
 最初からルールを決めて完璧を目指そうとすると、なかなか着手できなかったり、いざ始めても思うように進まなかったりする。好きな音楽を聴きながら整理するなど、ゆるく続けよう。いつの間にか家の中がすっきりしていたという具合に、ほどほどに行うのがベスト。

三、家族のモノを勝手に片づけるべからず
 夫婦といえども人のモノを勝手に処分するのはトラブルのもと。例えば夫の趣味のコレクション。妻には価値のないモノに見えるだろうが、夫にとっては宝物だ。独立した子供のモノについても本人の許可を得て処分すべし。

無印良品とはじめるミニマリスト生活 [ やまぐちせいこ ]
伝説の家政婦が自宅で実践! 週末15分そうじ術 [ 鈴木 美帆子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

四、片づける前に収納用具を買うべからず
 収納スペースを増やすと、それに合わせてモノも増えてしまう。あくまで、いまある収納に収まる量を目指そう。

五、「使える」と「使う」は違うと、肝に銘じよ
「いつか使うかもしれないから捨てられない」というのは、片づけにありがちな悩みだ。身の回りにあるものを眺めてみて、「使える」「使えない」で判断したら、ほとんどのモノは「使える」だろう。問題は、実際に「使う」かどうか。過去何年も使っていないものは迷わず処分を。
整理しにくい服や写真などから始めよう
https://bit.ly/2M6sg6d

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました