お金が寄ってくる習慣
お金持ちが実践している、お金が寄ってくる習慣を、
ベストセラー作家が解説しています。
「床やテーブルの平面には極力モノを置かない」のが大事だとか。
うちは床にはモノを置いていませんが、
テーブルの上は、いつも何かが置かれています。
これがダメなのかな…お金が逃げている実感はあります。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) [ 露木幸彦 ]
知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすい お金の教科書 [ 深田 晶恵 ]

◆床やテーブルの平面には極力モノを置かない
お金回りがいい人は生活のすべてがシンプルで整理されている人が多い。そういう人は普段の身の回り、家の中も整理されていて無駄なものがないのが特徴です。

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

よく所得の低いの家ほどモノが溢れているといいます。確かにそうで、100円均一ショップなどで買ったものや、もはや使わないようなものが雑然と置いたままになって埃をかぶっていたりします。

余計なものは捨ててしまう。使わないもの、必要のないもので場所を取られることが、いろんな流れをせき止めてしまうことになるので要注意です。

できる限り、床やテーブルなどの平面には物を置かないこと。平面が見えていれば見えているだけ、エネルギーは入り込んでくるのです。

老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]
汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]   断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

ところが部屋の中がモノであふれていたり、汚れていたりすると、エネルギーが入り込めません。

広々とした空間、清潔で清浄な空間の中にエネルギーは入り込もうとする、お金もエネルギーだとすると、当然そのような環境を好んで、そのような場所に入り込んでくるというわけです。

いちばんよくないのはゴミ屋敷のような家。空間がすべて汚いゴミでおおわれているので、エネルギーも入り込めなければ、神様も降りてくることができない。当然お金も巡ってこなくなる。

実際お金持ちに家を訪ねると、本当にモノが少なくシンプルです。床やテーブルなどの平面が広く、表に出ています。トイレなども掃除がきちんと行き届き、きれいに整えられています。

こういった日常の整理整頓や習慣を変えていくことで、自然とお金回りが良くなる。お金の器を大きくしていくことができるのです。
https://bit.ly/3aQGjGA

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました