ごみ屋敷、若者に急増
コロナ禍の影響で、
若い人に「ごみ屋敷」が増えているようです。
収入が減って、安い家賃の物件に引っ越す人が多いようですが、
ゴミだらけで自分で片付けることは困難と感じ、
専門業者に依頼するようですね。
異臭やクレームが発生する場合もあるようですが…


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

横浜市港北区の清掃会社によると、20年1~2月の一般家庭からの清掃の依頼や相談の件数は月80件程度だったが、新型コロナの感染が広がった同年3月以降は2倍以上の190件前後に急増した。

断捨離狂騒曲 [ 板坂耀子 ]
ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]

汚部屋・汚部屋脱出ランキング ← す·ご·い

依頼者の8割は20代から30代後半の単身者で、女性が7割を占める。
部屋がごみ屋敷化するまでには
①新型コロナ感染を防ぐため在宅勤務などをして「巣ごもり」する
②外食せず、料理宅配サービス「ウーバーイーツ」などを利用する
③食後のごみが部屋にたまる
--という過程が多くみられるという。

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

ミニマリスト ランキング ← 最新のスッキリ暮らす

ごみを室内にためる理由としては、いずれまとめて掃除しようと先送りし結局捨てられないというのが典型的な例。ボーナスなどのまとまった収入がある時に業者を呼ぶことを見越し、掃除を先送りすることも多いという。中にはごみが入った袋をベッド代わりに使っていたり、虫がわいてもそのまま放置したりしている例もあった。

本人が自発的に掃除を依頼するケースは少ない。異臭が発生し、大家や近隣住民からクレームを受けてやむなく依頼するほか、新型コロナで収入がなくなったり減ったりして、実家や家賃が安いアパートに移らざるを得なくなり片付けを余儀なくされるケースもあるという。
https://bit.ly/3ckLob0

主婦のストレス    断捨離&片づけの工夫 ← ブログ村テーマ

どれか一つ、ポチッと応援くださいませ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  ありがとうございました