シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

カテゴリ: シンプル

ロボット掃除機
ロボット掃除機・・・あれば便利でしょうね。
以前なら10万円前後はしていたと思いますが、
最近では5万円以下のモデルも出てきているようです。
欲しいと思いながら・・・なかなか踏ん切りがつきません。
まずは、ロボットが動けるように部屋を片付けないと。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

アイロボットジャパン合同会社は、コストパフォーマンスにすぐれるというスタンダードモデル「600」シリーズより、ロボット掃除機「ルンバ643」を発表。8月3日より発売する。続きを読む

パン屋のパン
みなさんは、潔癖症ですか?
他人が触ったもの、他人が作った料理、抵抗がありませんか?
私は部分的ですが、強めに潔癖なところがあります。
パン屋で好きなものをトングでトレーに取るタイプ・・・無理です。
電車のつり革も無理、手すりはギリでセーフ。
誰かが素手で握ったおにぎりは、菌が見えてくるようで無理。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

ネットに先日、「潔癖症の人にしか分からないこと」とのスレッドが立った。
「パン屋のパンが買えない」「電車のつり革、手すりには触れません」など。
他にも潔癖症の人は何かと消毒・洗浄し、衛生管理に手を惜しまないそう。続きを読む

ライフハックの達人
整理整頓にはコツがありますね。
私は、どうも苦手です。基本的なことが分っていないのかもしれません。
ライフハックの達人達と、何がどう違うのでしょう?
ワザを盗むことで生活がよくなるのなら・・・頑張ってみます。

ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

毎日を快適に過ごすことができていますか? 生活・仕事で使えるワザを網羅する『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』を書いた、研究者でブロガーの堀正岳氏に「快適生活のコツ」を紹介していただきます。続きを読む

広く見せる
少しぐらいモノが多くても、部屋が広ければ・・・
そんなことを思ったりしますが、現実の住空間には限りがあります。
そこで今日は、部屋を広く見せる3つのコツです。
まずは「壁を多く見せる」ですね。これはかなり効果があります。
視覚的に広く見せて、心にも余裕を持たせましょう。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

部屋の情報から視覚的に広さを判断する
私たちは部屋全体から受ける印象で広さを判断します。判断基準となるのは、窓の大きさや外に見える風景、天井の高さ、インテリアのテイストや色合い、家具のサイズや配置など、視覚的に得られる情報です。続きを読む

ヤセる部屋
部屋を片づけると痩せる?
そんな魔法の片づけダイエットがあるらしい・・・
自分と自分の周りの環境は繋がっている、たしかにそうかもしれません。
ひょっとすると「片付け」は痩せるだけでなく、
幸せへの近道なのかもしれませんね。
汚れていては福は来ませんもの・・・


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

食事制限も過度な運動も必要なし。部屋をちょこっと片づけるだけで、みるみるやせていくメソッドがあるんですって! 1度スリムになると、2度とリバウンドしない魔法の片づけダイエットとは──。

なぜ片づけをするとやせる身体になるのか?

「多くの女性たちのダイエットをサポートする中で、部屋と身体はつながっていると確信したんです」

 と語るのは、これまで2万人以上の女性の身体と向き合ってきた清水理恵さん。マッサージや食事法などを中心に指導してきたが、あるとき、どちらも実践しているのにまったく体重が落ちないクライアントに出会ったそう。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ