シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

カテゴリ: シンプル

フランス流
おばあちゃんの知恵は勉強になりますね。
フランスに住む、おばあちゃんの知恵に興味がありませんか?
エコな掃除術に説得力があります。やはりパリジェンヌ・・・


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

フランスから日本に帰国する際、私は10年暮らした賃貸アパートを、なるべく10年前と同じ状態に戻すべく必死で大掃除をした。
フランスでは入居時と退出時に「エタ・デ・リュー」と呼ばれる物件のかなり細かな状態チェックが行われ書類として残される。で、退出時に破損した箇所、汚した箇所があれば、その修繕費と掃除代が敷金から引かれるのだが、破損や汚れがひどいと大家から追加請求されることもあると友人のフランス人たちから聞かされていた。だから借家人たちは皆、何日もかけて部屋の隅から隅までを徹底的に磨き上げるのだという。続きを読む

汚い部屋を綺麗
片づけがとにかく苦手・・・そういう人は多いですね。
苦手な片付けを克服できず、気がつけば汚部屋になっていた・・・
汚い部屋を綺麗にキープする方法があります。ゴミ屋敷を避けたいならコレです。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

本屋に行くと“片づけ本”がたくさん並んでいます。それだけ、片付けられないで悩んでいる人が多いのでしょう。でも、苦手なことを克服しようとしても無理が生じることもあります。

そこで、‟一人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ”の著者の立石美津子が、片付けが苦手なママへ向けて一つの解決法をご紹介します。続きを読む

ゆる捨て
片付けや整理整頓は疲れますね。疲れない「ゆる捨て」があるそうです。
整理収納アドバイザーが「ゆる捨ての極意」を教えてくれています。
頑張りすぎずに長続きさせる・・・これがミニマムに暮らすコツのようですね。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

「くつろげるはずのわが家がモノであふれていて、窮屈な思いをしている人はすくなくありません。モノたちはいつの間にか、スペースだけでなく、住んでいる人たちの心や生き方まで圧迫していくのです。片づけは、そんな窮屈な生活のリセットボタンとなります」続きを読む

一汁一菜
毎日の献立を考えるのは面倒で悩みます。
一汁一菜が見直されているようです。これこそクールジャパンですね。
栄養が足らない分は具沢山の汁物で補うとか・・・工夫で何とかなりそうです。
忙しい現代人にとって一汁一菜こそが、シンプルに生きる原動力になるかもしれません。

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離やミニマリストといった言葉が定着し、「シンプルさを追求した暮らし」はひとつの生活スタイルとして確立されつつある。そうした中で、最近注目を集めているのが『一汁一菜でよいという提案』(土井善晴/グラフィック社)という書籍だ。物の捨て方にはじまり、クローゼットやキッチンの整理術など、シンプルライフのハウトゥー本はこれまで山ほど発売されてきたが、「食」については意外にも盲点だったかもしれない。続きを読む

物を捨てられない理由
家計が苦しい人のリビングには共通点があるそうです。
そういえば・・・この状況に似た知り合いがいます。
モノを溜め込むのもミニマリストに走るのも極端と言えばそうですね。
捨てても、もう一度買える自分になる・・・これかもしれません。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

家計が苦しい人のリビングに溢れる物とは
物が多い人は、「買って手に入れる事」や「保有する事」で安心や満足を得る傾向があります。常に何かを買って手に入れていれば、お金は当然減り、家の中は物に溢れてしまいます。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ