シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

カテゴリ: ミニマム

お風呂のお湯
お風呂のお湯、1回で捨てますか?
1回で捨てる人は約2/3なので、みなさんキレイ好きですね。
お風呂を沸かすのに200円以上掛かって、
家庭の水の使用量の約4割は風呂水に使われている・・・
衛生面を重視するか、それともコスト? 環境面?
ミニマリストを目指すなら、どれが正解なのでしょう?


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   恨みっこなしの老後 [ 橋田 壽賀子 ]

湯船1回分の標準水量は約200リットルで、4人家族の場合、水道代・ガス代含めて約231円かかる。そんなお風呂のお湯だが、1回入っただけ捨てるという人はどれくらいなのだろうか──。続きを読む

インスタ疲れ
私もインスタグラムをやっていますが、
一枚の写真を載せるだけに、かなりの労力を使っています。
そんなことに少々・・・疲れてきました。
「インスタ映え」とは真逆の価値観である「ヒュッゲ」
見栄えを競うより、ほっこり感を漂わせる方が自然かもです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

お家がキラキラ輝く魔法のオキシクリーン [ 徳間書店 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   脱力系ミニマリスト生活 [ 森 秋子 ]

今、デンマークの「ヒュッゲ」という言葉がじわじわと注目を集めてきている。「世界一幸福な国」と言われるデンマークの人々の幸福の秘訣といわれるヒュッゲは、流行の「インスタ映え」とは対極的な意味を持つ価値観である。続きを読む

モノを減らせ
モノを減らせば、暮らしそのものがスッキリしますね。
そもそも「買う」という行動をしなければ、お金も減りません。
また、モノが溢れた生活をしていると「探す」という手間が生まれます。
30年というスパンで考えると・・・随分と無駄な時間が生じてしまいます。
お金と時間とスペースを考えると、やはりモノは減らすべきですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   プロに教わるシンプル掃除術 [ 双葉社 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

■今持っているモノを減らせば時間が貯まる
そもそも、モノをあまり買わなければ、お金が貯まります。それは当たり前すぎる話なのですが、今持っているモノを減らせば、今度は時間が貯まるということにお気づきでしょうか。続きを読む

劇的な変化
ファッションと関わりのある仕事をしている妻が、
ある日「1年間、洋服を買わない」と宣言。
その後、夫婦に劇的な変化をもたらします。
生きること、価値観、仕事、他者との触れあい・・・
私達の暮らしの中で、モノとは一体なんなのかを考えさせられます。
1年間、洋服を買わない・・・その勇気と決断に敬意を表したい。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   プロに教わるシンプル掃除術 [ 双葉社 ]
なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの妻は、角田光代の『Presents』カズオイシグロの『わたしを離さないで』などのカバー絵でも知られる、人気イラストレーターの松尾たいこさん。松尾さんの著書『クローゼットがはちきれそうなのに着る服がない! そんな私が、1年間洋服を買わないチャレンジをしてわかったこと』は、洋服が大好きで毎日のように買っていた松尾さんが、1年間「洋服買わないチャレンジ」をして学んだことを綴った一冊だ。続きを読む

風呂場のイス
お風呂場のイスって使っていますか?
我が家はありません。洗いにくいしお風呂場が狭くなるし・・・
ピカピカにしていないと座る気にはなれません。
だからスーパー銭湯などに行った時も、使いません。
汚れが気になって座れない・・・という表現が正しいんですけどね。


トラコミュ    ビフォー・アフター    断捨離してますか?

ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

公衆浴場に行くと必ず置いてあるのが、お風呂場用のイス。わたしの実家にも置いてあったけれど、1人暮らしを始めてからは1度も置いたことがありません。

スーパー銭湯などに行ったときには、立ったままシャワーを浴びると他の人の迷惑になるからイスを使うけれど、家では使う気になれない。その理由は、シャワーを浴びるときは必ず立つからそもそも使用しないし、使うたび洗わなければいけないのが面倒くさい、というものです。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ