シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

カテゴリ: ミニマム

テレビのないリビング
ここ数年、テレビ離れの傾向にありますね。
でもまだ、リビングの中心にはテレビが鎮座しています。
思い切って、リビングからテレビを無くするとどうなるのか?
家族の時間が増えるようですよ。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

一昔前は家電における『三種の神器』として欠かせなかったテレビ。しかし、今ではテレビ離れが叫ばれ、リビングにテレビを置かない家庭も増えてきているという。家族が長い時間を過ごす生活空間からテレビを取り除くことで、どんなメリットが生まれるのだろうか。そこには、家族が充実した暮らしを営むためのヒントが隠されているのかもしれない。今回は実際にテレビから距離を置く家庭を訪れ、その生活について語ってもらった。続きを読む

Tiny House
タイニーハウスって聞いたことがありますか?
とても小さいな家のことを指して言うのですが、
今、アメリカでジワジワとタイニーハウスが増えています。
広さとしては20~30平米(6~9坪)が人気があるようですね。
ミニマリストなら・・・住まいはやはり、タイニーハウス一択だと思います。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

アメリカの家と聞くと大きな一戸建てを想像してしまいますが、80年代からジワジワと人気を集めてきている「タイニーハウス」というムーブメントをご存知でしょうか? 40平米以下の家に必要最低限の家具を揃えてミニマルに生活をするというこのトレンドには、テクノロジーの発展で近年とても面白い変化が訪れているのです。続きを読む

ひとり暮らしアラサー
一人暮らしでミニマリスト、年収60万円のブロガーさんの紹介です。
どうやって生活しているのか、私も気になっていましたが、
日常生活には何も支障がないようですね。
弥生さん、応援していますよ!


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

昨年年収60万円の一人暮らし女子が住む部屋とは……?
神奈川県在住の弥生さん(32歳)は、『カレジョの七転八起ライフ』というブログを運営するフリーライター。そのブログのトップページには「去年の年収は60万円」と記されています。一人暮らしで年収60万円。単純に一年で割ってみれば、月に5万円。

いくらなんでもそれでは暮らせない。彼女がどんな暮らしをしているのか気になって、取材を申し込みました。続きを読む

ゆる~く、ミニマリスト
ミニマリストの森秋子さんが、自身の生活ぶりを語ってみえます。
「ゆる~く、ミニマリスト」と謙遜していますが、なかなかどうして・・・
モノを捨てると、我が子に対するネガティブな言葉が減ったそうです。
言われてみれば、そうかもしれませんね。
また新しい「気づき」がありました。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? [ 志賀内泰弘 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター   断捨離してますか?

梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

秋になり、そろそろ年末の大掃除に向けて少しずつ断捨離を初めている方も多いのでは?
ですが、家の中に物が多いと片付けも掃除も大変です。やる気がなくなることもしばしば…。
最近では「ミニマリスト」という言葉もよく聞きますが、無欲、清貧といったイメージの「ミニマリスト」、ハードルは高そうに感じるもの。

「ミニマリストには憧れるけど、物欲もあるし、そんなシンプルすぎる暮らしは無理……」と思っている人にこそ読んでほしいのが、『脱力系ミニマリスト生活』(著:森秋子さん)。
「自分の欲望に忠実な脱力系ミニマリスト」と自称する森さんが、子育てをきっかけに「ミニマリストになりたい」と少しずつ身の回りのいろいろな物を手放したり、やめてみたりしてマイペースにミニマリスト生活を楽しんでいる様子は、まさに断捨離を進めている、片付けに悩んでいる、そんなすべての人の参考になるはず。

そこで著者である森さんに、「自分らしくミニマリストを貫くコツ」を伺いました。続きを読む

すぐに片付く
いつも片付いている家なんてありません。
ミニマリストの家でさえ、どこかの瞬間に散らかっています。
でも片付いているのは何故か? それは片付けているから・・・
少しでも散らからない工夫をすれば、大惨事には至りません。
突然の訪問者にもうろたえない・・・すぐに片付く3つのコツです。


ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

ミニマリスト、親の家を片づける [ やまぐち せいこ ]

いつも片付いている家なんてない

モノは毎日必ず家に入ってきます。

郵便物や子供が学校から持ち帰る書類、スーパーで買ってきた食材やネットショッピングで届いたモノなど、日々沢山のモノが外から家の中に入ってきます。だからどんな家でも必ず散らかる瞬間があります。モデルルームのように美しい家やミニマリストのようにモノが少ない家でも必ず散らかる瞬間があるのです。

では、何故片付いているのか?答えは簡単です。

「片付けているから片付いている」のです。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ