シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

カテゴリ: ミニマム

20代で隠居
出来れば、あまり働きたくない・・・
だれでも一度はこんなことを思ったのではないでしょうか。
20代で隠居をした人がいます。年収100万円でも貯金が30万円できたとか。
ミニマムな生活の向こうには、充実の時間が待っているようです。


マンガでわかる!結果を出す断捨離 [ ナツモリアイコ ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

できれば働かないで生きたいという人がいる。大原扁理さんは、その理想を実現し、20代から東京で「隠居」生活を送っていた。今回は、年収100万円でも楽しく暮らすための方法と、その費用の内訳を公開。低収入の中でさらに貯蓄もできたという生活術とは?続きを読む

家族で断捨離
ミニマシストや断捨離に触発されたパート主婦のUさん(38)
家族と価値観を共有して家計を見直した結果、月に14万円もの黒字に・・・
余分なものを見直して削ぎ落としていくと、思いもかけない結果が生まれます。
金銭的なものもそうですが、精神的にも豊かになれますね。
なにより家族の絆が深まるようです。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 極力モノを持たずに生活する「ミニマリスト」と呼ばれる人や、「断捨離」の考え方に触発されたパート主婦のUさん(38)が相談に来ました。会社員の夫(36)と小学5年生の息子(11)との3人暮らし。世帯の手取り月収は37万円ほどありますが、毎月、使い切ってしまいます。年間の収支は黒字とはいえ、ボーナスが余った分のみという状況です。続きを読む

お金持ち
時間に追われると、心が貧しくなりがちです。
いつも忙しい時間貧乏をやめる7つの方法 [ 内藤忍 ]
モノを持たなければ時間が貯まる。また、お金を使う必要もありません。
お金と時間が貯まれば、人生が豊かになるチャンスが増えますね。
断捨離してシンプルに暮らしてミニマリストを目指す。
あまり深く考えずとも、少しの工夫で出来そうです。

マンガでわかる!結果を出す断捨離 [ ナツモリアイコ ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

■今持っているモノを減らせば時間が貯まる
そもそも、モノをあまり買わなければ、お金が貯まります。それは当たり前すぎる話なのですが、今持っているモノを減らせば、今度は時間が貯まるということにお気づきでしょうか。

たとえば自宅に衣服が多ければ、今日は何を着ていこうかなと迷いますし、衣替えに時間がかかり、クリーニングに出す点数も増えます。続きを読む

バッグ
いくら断捨離してもゾンビのように増えてくるのが小物。
特に女性のバッグは油断大敵ですね。うっかりすると際限がありません。
女性に必要なバッグは3種類でいいんだとか・・・
理想の大きさは客室乗務員が持っているサイズ。
言われてみればそうかもしれません。しかし全部ボツにする勇気がいりますね。

マイバッグ 3つのバッグで軽く美しく生きる [ ドミニック・ローホー ]

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 いくら断捨離しても、なぜかむくむくとわきあがる女の物欲。いつのまにかつく贅肉のようにモノが増えるのは悩ましいが、そんな中でも「バッグ選び」は、お気に入りのブランドを優先したり、欲しいカタチがあったりと、比較的こだわりのある女子は多いもの。だが実際のところ、「これならいける! と思って買ったのに、なんかちょっと違う~」なんてこと、多くないだろうか。続きを読む

捨てるルール
ミニマリストの本多メグさんが実践している「捨てるルール」です。
自分や家族のなかでルールが決まっていれば迷わなくてすみますね。
有名なミニマリストの人たちの方法は、とても参考になります。

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 ものを捨てられない人は、いくつもの理由で捨てられません。「いつか使うかもしれないから」「今でなくともいつか処分できるから」「あとで一気にまとめて捨てるから」…。さまざまな「捨てられない理由」で自分を正当化し、結局、決断できずにそのまま放置。ものがますます増えるという事態に陥るのです。

⇒捨てる決断ができるシンプルなルール続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ