シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。部屋にモノが溢れていませんか? たまに汚部屋も取り上げます。

カテゴリ: ミニマム

超ミニマリスト
江戸時代の人々はモノを大切にしシンプルに暮らしていました。
江戸の庶民は、大半が狭い借家で暮らしていたので余計なものは持っていませんでした。
超ミニマリストで生活しなければならなかった原因とは・・・


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

物が増えると片付けるのも億劫になり、「アレが見つからないんだけど!」ということもしばしば。出かける直前に、この事態になったらストレスも溜まる一方ですよね。これを解決するのは、物を減らすか、片付け上手になるかの2択です、きっと。そうはいっても、愛着のあるものを簡単に捨てられないし、まだ使えるんじゃないかと思ってしまうもの。片付けだって、この歳になって急に上達するんだったら苦労しないわという声もちらほら聞こえてきそうです。続きを読む

35平米、ミニマムを極める
中古マンションのリノベーションがブームですね。
格安で購入して、自分の思うように改装する楽しみは夢が膨らみます。
部屋の広さは10畳ほど・・・しかしミニマムを極めれば。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

Tさん
 東京都品川区 築47年/39.96m²/総工費 非公開
    ◇
 Tさんはフランスに長く住んでいた女性です。日本に帰国後、フランス人のパートナーの方と半同せいしていましたが、まずはご自分の部屋が欲しいとのことで、一人暮らし用の中古マンションを探していらっしゃいました。続きを読む

平野ノラ
ミニマリストであることを明かしている平野ノラさん。
最近は、すこし体重が増えたんだとか・・・そこで思いついたのが断捨離!
お笑いの小道具まで片付けているようです。
それにしてもお笑い芸人は飽きられるのが早くなりましたね。
賞味期限は半年・・・これぐらいのような気がします。

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 お笑いタレント・平野ノラが19日に更新したブログで、4・5キロ増を告白。ダイエットと断捨離をスタートしたことを明かした。

 肩パットの入った真っ赤なボディコンに、大きな携帯電話で「しもしも〜」の、バブリーネタでブレークしたノラ。ブログで「只今絶賛断捨離中!」と記し、お笑いの小道具や服をしまいこみ、放置していた押し入れの断捨離を開始したことを報告した。続きを読む

ミニマリスト
ミニマリストという言葉が知られるようになって数年。
しかし、断捨離や片付けのように爆発的な広がりはありません。
なぜか? 興味がありますね。

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

必要最低限のものしか持たず、シンプルに暮らす「ミニマリスト」。憧れを持つ方も多いようで、メディアでもたびたび取り上げられています。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんがミニマリストになるための「考え方」を紹介した上で、「憧れるけれど誰しもがなれるわけではない」と結論付けています。続きを読む

片づけ上手
家をきれいに片づける・・・とても難しいことですね。
一時はそれが実現したとしても、時間の経過とともに元の木阿弥・・・
そうならないためには「捨てる、残す、譲る」が大事なようです。
モノの存在理由を明確にしてミニマムに・・・生き方も変わってくるのではないでしょうか


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

『捨てる 残す 譲る 好きなものだけに囲まれて生きる』(フランシーヌ・ジェイ著、弓場 隆訳)の著者は、「好きなものに囲まれて身軽で優雅に暮らす」をモットーにしているというエッセイスト。「無駄をそぎ落として必要なものにだけお金をかける」というミニマリストのライフスタイルを紹介するブログが、世界的に支持されているのだそうです。

そんな著者は、ミニマリズムが「空虚な生活」というようなイメージで捉えられがちであることを理解しているようです。しかしその一方で、視点を変えると「空虚」は「スペース」と解釈することもできると主張してもいるのです。考え、遊び、創造し、家族と一緒に過ごすためにはスペースが欠かせないのだとも。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ