シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

カテゴリ: 断捨離

片づけ上手・・・流儀
片づけ上手の人はいますね。
雑然とした空間では落ち着かないし、病気も心配。
身のまわりを整理整頓し、すっきり片づけている人は、
仕事でもプライベートでも人生が充実しているように思えます。
今日は片づけ上手な人たちの流儀です。
当たり前をサラリとこなすのが、スマートですよね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

片づけ上手な人の流儀

使用頻度、好み…片づけるうえでの優先順位をはっきりさせているいつもデスクまわりが雑然としていたり、お部屋を片づけられない人というのは、今の自分にとって必要なものは何か、という優先順位がきっと曖昧なのです。続きを読む

終わる・・・こんまりブーム
どんなブームでも、いつかは終わります。
アメリカで大人気の「こんまりブーム」
米国人は浪費とモノの処分を繰り返しているのですが、
消費志向に一石を投じました。
大量消費主義への反発がブームとなった・・・
そんな声も聞こえますが、どんなブームもいつかは終わります。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

世界的に人気の片付けコンサルタント“こんまり”こと近藤麻理恵さん。「ときめくモノ以外を処分する片付け法」はアメリカで大ブームになっている。このブームはいつまで続くのか。ニューヨーク在住ジャーナリストの肥田美佐子氏が、米国文化の専門家に聞いた――。続きを読む

断捨離で・・・お金が貯まる
断捨離を続けると「お金持ち体質」になれるそうですよ。
1年で3憶円の資産を作った男性が解説しています。

所持品のほとんどを捨てれば、家の中が広く使えるようになり、
また、物を捨てると必要以上に物を買わないようにもなる。
「家が狭くなっても必要なものか?」と熟考するようになるようです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

断捨離を実践して「お金持ち体質」になれるのはナゼ?
私は引っ越しを機に、持っているもののほとんどを捨てました。ワンシーズン一度も使わない服は全部捨てよう、と決めると、スーツは半分、衣料品は3割、書類は1割、書籍は2割だけが残りました。家電はオークションで売却し、雑貨類はほぼ全部捨てました。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ