たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

カテゴリ: 断捨離

毎日1つだけ物を捨てると人生が変わる、30日間
アメリカの著名なミニマリストの話です。
彼は「毎日1個ずつ30日間、モノを捨てつづける」という、
とてもシンプルな方法を推奨しています。
また断捨離には、競争の要素を加えると良いようです。
毎日1個ずつ30日間モノを捨て続ければ1か月で30個、
別の方法では1日目1個、2日目2個、3日目3個と捨てる数を増やすと、
1か月後には500個近くのものを捨てることが出来るそうです。
何でも継続が大事ですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

無印良品 片づけ上手さんの収納術 [ 主婦の友社 ]
おひとりさまのゆたかな年収200万生活3 [ おづ まりこ ]

● 「成功のトロフィー」は幸せを生まない

 ジョシュア・フィールズ・ミルバーンは、人気のあるポッドキャスト、ウェブサイト、本、ドキュメンタリーを通じて、2000万以上の人びとの生活を簡素化させたミニマリストだ。しかし、ほんの数年前まではまったく違う生活をしていた。ジョシュアは、自分は狭い意味では成功していたと言う。だが体調はいつもすぐれず、太り過ぎで、人間関係はめちゃくちゃだった。そして、金銭的には申し分のない仕事をしていたのに、意欲も情熱も持てなかった。続きを読む

片づけ下手、あるある
耳が痛くなる「片づけ下手の人」あるあるです。
言い訳ばかり・チャレンジしすぎ・捨てる詐欺・学ばない、
すぐ収納を増やそうとする…まるで私だ!
言い訳せずにコツコツ片づけ、有言実行で失敗から学び、
収納を増やす前に先ずは捨てる…
こうすれば大丈夫なんですよね。
文字にはできますが、実践するのが難しいです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) [ 露木幸彦 ]
知識ゼロの私でも! 日本一わかりやすい お金の教科書 [ 深田 晶恵 ]

1.言い訳の天才
「だってこれはいつか使うかもしれないから」
「これは○○がくれたものだから」
「夫が捨てられない人だからいつまでも片づかない」

持つ理由や片づかない原因を責任転換していることはありませんか? 続きを読む

実家の断捨離は…
誰もがいつかやらないといけない実家の片づけ・断捨離…
実家の断捨離は・・・実はいいことだらけでした。
遺品整理の節約にもなって、ゴミの片づけにもなります。
親が生きているうちに断捨離すれば、
今使えるものがわかり、モノを活かせます。
早めの断捨離なら、軽く100万円以上の節約にはなりそうですね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
老いの片づけ力 わが家をゴミ屋敷にしないために [ 阿部絢子 ]

「実家の断捨離」というと、壮大な片づけを想像してしまいがちですが、不要なものがないかを親に尋ねるだけでも断捨離の一助となるケースもあります。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ