たたかう部屋

戦う部屋、闘う部屋。持たずにミニマム、捨ててシンプル。汚部屋も何とかしたい。部屋とたたかいます。

カテゴリ: 断捨離

買う前に不要なものを処分
季節が変わると洋服が欲しくなりますね。
「手持ちの服は沢山あるのだけれど、着たいものがない・・・」
そんな人が多いと思いますが、洋服を買う前にやるべきことがあります。
それはまず・・・着なくなった服を捨てる。簡単なことですが難しいですよ。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

あなたが持っているもののなかに、不要なものはないでしょうか。着られなくなった洋服、ほとんど使わないバッグなど、クローゼットや押し入れの中に実はたくさんあるかもしれません。それらをずっと持っておかず、すばやくお金にかえてしまうことで、お金が貯まり、心をすっきりできるはず。私の著書『お金が貯まる「体質」のつくり方』から、お金が貯まる秘訣についてご紹介します。続きを読む

パンパンになってるクローゼット
気持ちは人一倍あっても実行できないことがありますね。
部屋の中は何となく整理できていても、クローゼットの中がパンパンとか・・・
心理面から考え直す必要があるようです。上手に断捨離しましょう。


トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

物を手離せない人の心理
一番多い心理として「もったいない」「いつか使うかも」」があげられます。

また、「これを捨てたらいつか後悔しないだろうか」と自信がなくなってしまうこともありますね。

そこで捨てられる派の人は言うのです。

「一年使わなかったものはこの先も使わない」

実際に言われたことがあるという人が多いかもしれませんね。

でも、そんな簡単に言われても…、それで思いきて捨てられたら苦労しません。

捨てるなんて、私が買ってしまったばっかりに…ごめんなさい…

みたいな気持ちになったりしませんか?

他人にどうこう言われたからと言って、そう簡単に「捨てられない性格」は変わったりしません。

自分が心から断捨離したいと思わないと、結局のところはできないのです。続きを読む

親の家を片づける
本格的な高齢化社会の到来とともに、
親の家を片づける人が増えています。これが大変・・・
自分の家でも大変なのに、親とはいえ別の人格者の持ち物を選別しなければなりません。
かなりの配慮が必要ですが、一緒に片づけることが大切なようです。

トラコミュ 素敵な大人のシンプルライフ   ビフォー・アフター

 高齢化が進む日本社会。意外と大きな問題となるのが高齢となった親の家の片付けだ。子供としてはよかれと思って片付けようとしても、色々捨てられてしまうと思った親が抵抗することもあるという。そこで、親の家を片付ける際に気をつけなくてはいけない「3大NGワード」を、片づけヘルパーの永井美穂さんに教えてもらった。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ