シンプル&ミニマム ときどき汚部屋

持たずにミニマム、捨ててシンプル。きたない汚部屋も取り上げます。ブログの更新もミニマムに断捨離して、今は週一。

カテゴリ: 汚部屋・ゴミ屋敷

2019y08m05d_124205042
夏は、テレビでゴミ屋敷を取り上げることが多かったですね。
悪臭や虫、ネズミなどが増える季節なので、
情報としても集めやすいのがあるのかもしれません。
神奈川県平塚市に住む80代女性。
裕福な商家に嫁いだのですが数年前からゴミ屋敷に・・・
インテリのようですが掃除は苦手みたいです。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

“ゴミ屋敷”を訪ねてみると…

「直撃LIVEグッディ!」が取材した、神奈川県平塚市に住む女性(86)。
この女性は、いわゆる“ゴミ屋敷”の住人だ。続きを読む

ゴミ屋敷・・・ゴミはお宝?
家に不用品はありますよね。
シニアになると思い出が絡んでくるので、なかなか捨てられません。
生活情報誌ライターがアドバイスしてくれていますが、
上手に専門店などを活用すれば不用品に高値がつくことも。
リサイクルショップは持ち込んだとしても、
損したと思うくらい買い叩かれます。
安く買って高く売るのが商売ですが、それにしても。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ [ 井田 典子 ]
ゴミ屋敷奮闘記 [ 村田らむ ]   草笛光子のクローゼット [ 草笛 光子 ]

 シニア世代ならば、過ごしてきた人生とともに、周辺にモノがあふれているのは必然。ただ、“もう何年も片づけできていない”なんて人も、実は多いのではないだろうか。「シニア世代の住まいは“ゴミ屋敷”予備軍。年を重ねると気力も体力も衰え、家の整理もままならなくなります。元気なうちに身辺整理するのがお勧めです」続きを読む

青葉真司容疑者
京都アニメーションの放火事件で、
容疑者の暗く荒涼とした人生が浮かび上がってきました。
男の自宅アパートは「ひと言でいうとゴミ屋敷」で、
また男の父親はタクシー運転手でしたが、
事故でケガをして廃業、まもなく自殺したらしいのです。
生い立ちや精神面のこともあるとは思いますが、
ゴミ屋敷住みは、凶悪犯罪の共通点かもしれませんね。


ワタシ、汚部屋と戦ってます   ビフォー・アフター ← ブログ村テーマ

汚ブスの呪縛 嫌われる人にはワケがある [ KENJI ]
梅ケ谷ゴミ屋敷の憂鬱 [ 牧村泉 ]   このゴミは収集できません [ 滝沢秀一 ]

 その凄惨かつ甚大な被害状況からすれば、戦後最悪の「放火殺人事件」と呼んで差し支えあるまい。

 京都市伏見区の閑静な住宅街に位置する、「京都アニメーション」第1スタジオが猛火に見舞われたのは7月18日のことだ。続きを読む

 

 

↑このページのトップヘ